MENU
つばめ(打出隆浩)
建築メーカー 元現場監督・営業・アフター経験者
建築のプロとして、家づくりのお役立ち情報を発信していきます。本当のこと・言えなかったことを辞めた今正直に話します。(建築業界にいると、お金・業者・在庫などの兼ね合いで…)大事な家づくりを失敗して欲しくないのです。
ささ
ハウスメーカー 現役設計担当
取得資格:一級建築士・宅地建物取引士・福祉住環境コーディネーター2級
現職でハウスメーカーの設計をしています。住宅は人生の中でも、特に大きな買い物です。読んでくださる方が、少しでも快適な住まいを建てられる様に、最新の住宅情報を発信します。

桧家住宅の坪単価と価格を徹底調査!全館空調で快適な家づくりがローコストで!

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。

桧家住宅に興味がある方は必見!この記事では、桧家住宅の会社概要や特徴、ラインナップから坪単価、オプション費用、実際の建築事例まで詳しく解説しています。実は桧家住宅は高性能なZ空調を標準搭載しており、快適な住環境を提供することで評判です。記事を読めば、桧家住宅の魅力や注意点、他の住宅メーカーとの比較も含めて、理想のマイホームを実現するための具体的な情報が手に入ります。

つばめ

おはようございます。こんにちは。こんばんは。つばめです。
このブログでは、私が工務店営業担当時代には立場上言えなかった情報や本音をお伝えしています。

一生に一度の買い物、あなたには後悔してほしくない!
読んで知って、賢くあなたの夢のマイホームを実現させましょう。

元工務店営業担当の私の主張はただひとつ!

つばめ

家を建てるときに大事なのは比較検討すること
そのために、複数の会社から見積もりをとりましょう。
住宅展示場にふらっと行くのはNGです。NGな理由はこちらで確認。

住宅展示場にそのまま行ってしまった方や、比較ができてない方はこちらから、『比較検討をする』をチェック!

本日は桧家住宅についてお伝えしていきます!

このブログを見てわかること

・桧家住宅の坪単価が分かる!

・桧家住宅の特徴や仕様!

・桧家住宅で建てた人の声!

結論

桧家住宅の坪単価目安は40〜75万円と幅があります。

全館空調システム「Z空調」が標準装備のコスパの良い規格住宅で、豊富なプランもあるのできっとあなたの気にいる間取りもあるはず!完全自由設計ではないけど、間取りを自由に組み合わせられるので理想的な間取りや外観になります。

コスト+性能を求める人は、工務店との比較をしてから選ぶべきですね!

桧家住宅が合っている人桧家住宅が合っていない人
エネルギー効率を重視する人
インテリアにこだわりがある人

安心して家づくりを進めたい人
完全自由設計を求める人
長期保証を重視する人
つばめ

企画型住宅だけど間取りは数百種類の組み合わせから自由にカスタマイズができます!

すずめ

コスパはいいけど自由設計じゃないと希望通りの間取りにならない気がするけど!

自由設計が気になっているあなたは

つばめ

個人的なオススメは自分に合う工務店を見つけること。
お手頃で、適正価格の工務店はありますよ。

契約する前に一旦自分の地域の工務店の資料を取りよせて
みましょう!

情報収集はノーリスクなので絶対やるべき!

情報収集には住宅カタログ一括請求がベストです。情報収集が簡単で、家でゆっくりと検討もできます。
まだいろいろなカタログを見比べていない方は絶対にするべきです。

つばめ

カタログ請求を使って
うちは坪単価40万円代の工務店で建てました!

しっかりと比較したことで
満足いく家づくりができました!

\無料 簡単3分 ネットで完結/

» 公式 LIFULL HOME’Sで注文住宅の一括資料請求

つばめ

今あなたの一歩できっと違う結果に!

やって損はないから絶対やって!
契約はリスクがあるけど情報収集はノーリスクだよ!

つばめ

時間はかかっても良いから
失敗したくない・後悔したくないって方
には
この方法一択!

目次

桧家住宅の特徴・仕様

桧家住宅の基本情報

桧家住宅は、株式会社ヒノキヤグループの一員として、「最高の品質と最適な価格で社会に貢献する」を経営理念に掲げ、高品質な住宅を提供。桧家住宅は2022年にヤマダホールディングスの完全子会社となり、ヤマダホールディングスのハウスメーカーの一つとして活動しています。

グループ会社には、ヤマダホームズも含まれています。

桧家住宅の会社概要

項目内容
会社名株式会社ヒノキヤグループ
所在地東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
設立1988年(昭和63年)10月13日
資本金1億円
従業員数 連結 2,589名、単体 1,956名 (2023年12月31日現在)
代表取締役社長近藤 昭

桧家住宅の特徴・選ばれる理由

桧家住宅が特徴や選ばれる理由は、以下のとおりです。

  • 独自の全館空調システム「Z空調」:一年中快適な温度を保ち、エネルギー効率が高い
  • 断熱・高気密構造:高性能な断熱材を使用し室内の温度を一定に保つ
  • 健康的な空気環境:高性能フィルターを使用し外気からのホコリや花粉を除去
  • 統一感のある内装デザイン:プロのインテリアコーディネーターが統一感のある内装デザインを提供

桧家住宅の特徴的なサービスとして、独自の全館空調システム「Z空調」があります。Z空調は、桧家住宅とダイキン、協立エアテックの3社が共同で開発した冷暖システムで電気代を抑えながら快適な環境を提供可能です。Z空調は特許を取得しており、グッドデザイン賞にも選ばれています

桧家住宅の坪単価の目安は40~75万円

桧家住宅の坪単価目安

桧家住宅の坪単価目安は40〜75万円と幅があります。

幅広い価格帯の理由は、住宅のタイプやオプション、坪数によって大きく変動するためです。特に、標準装備される全館空調「Z空調」や高性能な断熱材「アクアフォーム」などの仕様が価格に影響を与えます。

また、オプションとしての追加設備やデザインのカスタマイズにより、最終的な建築費用が大きく変わることもあるでしょう。

坪数別の本体価格と建築総額の目安

住宅の建築総額は、本体工事費に加えて諸費用やオプション費用を含めた金額です。住宅を建てる際には本体工事費以外にも、以下の費用がかかります。

  • 電気やガスの工事
  • 屋外給排水工事
  • 地盤改良工事
  • 外構工事
  • インテリアオプション
  • ローン諸費用

一般的に本体工事費は建築総額の75%を占め、別途費用は25%です。以下に、延床面積別の本体価格と建築総額の目安を示します。

坪数本体価格建築総額
25坪1,000~1,875万円1,330~2,500万円
30坪1,200~2,250万円1,600~3,000万円
35坪1,400~2,625万円1,860~3,500万円
40坪1,600~3,000万円2,130~4,000万円
45坪1,800~3,375万円2,400~4,500万円
50坪2,000~3,750万円2,660~5,000万円

桧家住宅の商品ラインナップと坪単価

桧家住宅の商品ラインナップは「スマート・ワン」と「スマート・ワン カスタム」の2つ。

スクロールできます
商品ラインナップイメージ坪単価【概算】例:30坪の価格【概算】特徴
スマート・ワン桧家住宅 スマート・ワン 商品画像 40万円〜1,200万円多彩なプランから選べる企画型住宅
スマート・ワン カスタム桧家住宅 スマート・ワン カスタム 商品画像60万円〜1,800万円デザイン性だけでなく費用もわかりやすいセミオーダー式の自由設計
画像引用:桧家住宅 公式

【企画型住宅】スマート・ワンの坪単価目安は40万円〜

桧家住宅 スマート・ワン  商品画像

画像引用:桧家住宅 公式

桧家住宅の企画型住宅「スマート・ワン」の坪単価は40万円からです。

スマート・ワンは、 屋上やガレージ、平屋など多彩なプランから理想的な外観や間取りを選べます。

スマート・ワンには、家族構成や生活スタイルに応じた17プランから選べる「Vシリーズ」と、数百種類の組み合わせから自由にカスタマイズできる「Aシリーズ」。各階の間取りや外観スタイル、外壁、内装カラーなども数種類のパターンから選べます。

スマート・ワンは図面が限定されている分、費用を抑えられます。プランの数が膨大で、玄関の向き別にカタログが用意されており、選択肢が豊富です。プランごとに金額が明記されているため、安心して家づくりを進められるでしょう。

【セミオーダー式】スマート・ワンカスタムの坪単価目安は60万円〜

桧家住宅 スマート・ワン カスタム 商品画像

画像引用:桧家住宅 公式

セミオーダー式の「スマート・ワン カスタム」の坪単価は60万円からです。

スマート・ワン カスタムは、平屋や3階建て、2世帯住宅も自由な間取りを実現できます。

スマート・ワン カスタムでは、敷地に合う四角形(パレット)を選び、パレット内に間取りを描いていくシステムです。各パレットの価格が決まっており、建物の大きさごとに価格が明瞭に設定されています。

スマート・ワン カスタムは、間取りや建物の形が変わっても、同じ大きさであれば価格は同じです。注文住宅でよくある予算オーバーのリスクを減らせます。

他の中堅・ローコストハウスメーカーとの比較

桧家住宅の坪単価は他の中堅・ローコストハウスメーカーと比較して中間程度の金額です。

桧家住宅の坪単価は、同じく中堅・ローコストに分類されるハウスメーカーと比較しても平均的な価格帯に位置しています。予算内で高品質なファミリー向け住宅を建てられるため、資金が心配な方におすすめです。

スクロールできます
ハウスメーカー名坪単価の目安特徴
桧家住宅40〜75万円全館空調のZ空調とWバリア工法
プロがインテリアコーディネート
木下工務店50〜70万円設計の自由度が高い
顧客の要望に合うカスタマイズ可能
一条工務店50〜100万円業界トップクラスの断熱性・気密性
全館床暖房とさらぽか空調を採用
ヤマダホームズ50〜70万円全館空調のZ空調などの快適設備を導入可能
高いコストパフォーマンスを実現
アキュラホーム50〜75万円間取りの自由度が高い
開放感のある間取りが得意
全館空調「匠空調」も採用可能
アイ工務店50〜100万円間取りの自由度が高い
縦空間を活かした間取りが得意
クレバリーホーム40〜70万円タイル外壁と陶器瓦が標準仕様
メンテナンスコストが低い
耐久性とデザイン性に優れる
ユニバーサルホーム50〜110万円全館床暖房を標準装備
地震に強い「地熱床システム」を採用
タマホーム40〜60万円コストパフォーマンスが高い
全国展開で年間1万棟以上受注
つばめ

桧家住宅の高性能な家を坪単価40万円程度で建てられるなら良いコスパだと言えます。

図面の規格化や、定額制のフリーデザインで安くしてくれています。

すずめ

桧家住宅は最低価格が坪40万円からか〜
予算的にギリギリかも💦

つばめ

そんな予算が厳しいな〜と感じる方もいますよね!

ちなみに私は工務店で建てました。坪単価は40万円前後。
みなさんも自分に合った工務店を探しましょう!

ちなみに私も妻も家には満足していますし、大きな不満はありませんよ。

工務店という選択肢を持つことだけで損はしなくなります

桧家住宅の高性能な家を坪単価40万円程度で建てられるならコスパはいいです。しかし年々、建物価格は高くなっています。(ウッドショックで上がって、ウッドショックが落ち着いても下げてくれません。)

マイホームが欲しいなら、今が一番の買い時です。今動かないと、どんどん高くなってしまうので。

坪単価を抑えるためには『桧家住宅』さんのようなハウスメーカーだけではなく、工務店のような比較対象を持つべきです。
比較をするには、住宅カタログの一括請求がオススメ。無料なのでノーリスクです!

情報収集には住宅カタログ一括請求がベストです。情報収集が簡単で、家でゆっくりと検討もできます。
まだいろいろなカタログを見比べていない方は絶対にするべきです。

\無料 簡単3分 ネットで完結/

» 公式 LIFULL HOME’Sで注文住宅の一括資料請求

つばめ

今あなたの一歩できっと違う結果に!

やって損はないから絶対やって!
契約はリスクがあるけど情報収集はノーリスクだよ!

つばめ

時間はかかっても良いから
失敗したくない・後悔したくないって方
には
この方法一択!

桧家住宅の代表的な住宅商品

小屋裏スタイルを楽しめる「アトリエ」

画像引用:桧家住宅 公式

「アトリエ」は、小屋裏を有効活用したスタイルが特徴です。

「アトリエ」は小屋裏を多目的に利用できる設計となっており、収納スペースや趣味の部屋として活用することで、住空間を最大限に活かせます。

小屋裏のスペースを効率的に利用することで、収納力の向上や趣味のスペース確保が実現されます。「アトリエ」をワークスペースや子供の遊び場として活用すれば、家全体の収納力や機能性が向上するでしょう。

開放的な中庭が叶う「パティオ」

画像引用:桧家住宅 公式

「パティオ」は、開放的な中庭を備えた設計が特徴です。

「パティオ」は家の中心に中庭を設けることで、室内に自然光を取り込み、風通しの良い開放的な空間を提供できます。

中庭を設けることで、プライバシーを保ちながらも明るく快適な住環境を実現できます。中庭でのリラックスタイムや家族の団らんを楽しめ、さらに室内が常に明るく快適になるでしょう。

青空リビングも可能な「平屋」

画像引用:桧家住宅 公式

「平屋」は、青空リビングを実現する設計が特徴です。

「平屋」で屋外とのつながりを重視したリビングスペースを作ることで、広々とした開放感を提供可能です。

平屋なら庭やテラスをリビングの延長として利用でき、自然との調和が図られます。「平屋」ならリビングから直接庭に出られる設計を活用し、アウトドアリビングを楽しめ、家族全員がリラックスできる空間が広がります。

桧家住宅のオプション

  • 極楽加湿:設置することで家全体を適切な湿度に保つシステム
  • コミュニケーションブリッジ:家族が交流しやすい空間を提供するためのオプション
  • キッチンウォールキャビ:収納力とデザイン性を兼ね備えた高品質なキッチン収納システム
  • 太陽光パネル+HEMS:エネルギー効率を向上させるシステム
  • 階段付小屋裏収納:有効活用できる収納スペース
  • 青空リビング:屋外を活用した快適なリビングスペース

上記のオプションを導入することで、生活の質が向上し、快適な住環境が実現されています。しかし、オプション費用は変動しやすいため、最新の価格情報は桧家住宅の公式サイトで必ず確認してください

他のサイトで掲載されていますが、費用が大きく異なる場合もあり、最終的な金額は公式情報をもとに検討することをおすすめします。

オリコン顧客満足度調査の結果

画像引用:オリコン 公式

2024年のオリコン顧客満足度調査「ハウスメーカー 注文住宅」ランキングで、桧家住宅は55社中総合22位となりました。この調査は、実際にサービスを利用した17,196人のアンケート回答をもとに行われました。評価項目別では以下の点数を獲得しています。

  • モデルハウス:75.9点
  • 打ち合わせのしやすさ:75.0点
  • 住居の性能:76.0点

桧家住宅は、エコで快適な住まいを提供するために「Z空調」や「アクアフォーム」を使用し、プロのコーディネートによる統一感のあるインテリアを提供。多くの顧客がコストパフォーマンスと快適な住環境に満足しています。

参照元:ハウスメーカー 注文住宅 オリコン顧客満足度ランキング|2024年

桧家住宅で注文住宅を建てるメリット

  • 直接施工でローコストを実現
  • 定額制でわかりやすい価格
  • Wバリア工法で快適な暮らし
  • プロがインテリアをコーディネート
  • オリジナルの「プレミアムワン」製品
  • 多彩な空間提案
  • 高性能なZ空調を標準搭載
  • 充実したオリジナル設備

直接施工でローコストを実現

桧家住宅は直接施工を行うことでローコストを実現しています。多くの大手ハウスメーカーが職人の手配や工事を下請け会社に依頼するのに対し、桧家住宅は下請け会社を介さずに自社で施工。

中間マージンが発生せず、コストを抑えられます。

つばめ

ローコストで質の高いマイホームを建てられますよ!

定額制でわかりやすい価格

画像引用:桧家住宅 公式

桧家住宅は定額制で価格がわかりやすく、予算管理がしやすいです。スマート・ワン カスタムでは、組み合わせる四角形ごとに金額が決まっており、間取りの変更による価格変動がありません。設計段階から総費用が明確になります。

スマート・ワン カスタムを選んだ場合、設計段階から予算内で計画を進められるでしょう。

つばめ

価格がはっきりわかると予算の不安が解消されますね!

Wバリア工法で快適な暮らし

画像引用:桧家住宅 公式

Wバリア工法は、高気密・高断熱を実現し、年間を通じて快適な室温を保ちます

Wバリア工法では、「アクアフォーム」と「アルミ遮熱材」を使用。アクアフォームは、自己接着力によって柱や梁に密着し、気密性を大幅にアップします。暑さや寒さを遮断し、家全体の温度を均一に保ち、省エネルギー効果も高いです。また、湿気を防ぎ、結露を抑制することで建物の耐久性と衛生面も向上します。

スクロールできます
商品名材質特徴
アクアフォーム現場発泡断熱材水の力で発泡し環境にやさしい
住宅の隅から隅まで家全体をスッポリと覆う
アクアシルバーウォールライトアルミ遮熱材赤外線を約70~80%反射
屋根断熱によって夏の暑さを防ぐ

屋根断熱と遮熱材の組み合わせにより、夏でも屋根裏が高温にならず、快適な室内環境が保ちます。冷暖房費の光熱費も大幅に削減可能です。Wバリア工法により、桧家住宅は一年中快適で省エネルギーな住環境を提供しています。

プロがインテリアをコーディネート

画像引用:桧家住宅 公式

桧家住宅では、プロがインテリアをコーディネートしてくれるため、統一感のあるデザインを実現。桧家住宅の統一感のある内装デザインは、住み心地と美観を向上させ、多くの顧客から高い評価を受けています。

セレクテリアというプロのインテリアコーディネートサービスが標準仕様に含まれているため各家庭のライフスタイルに合わせたデザインが提案され、全体の統一感が保たれます。

オリジナルの「プレミアムワン」製品

桧家住宅ではオリジナルブランド「プレミアムワン」製品を導入できます。プレミアムワンはデザイン性や快適性能を高めた独自に開発されたブランドです。

  • 機能性の向上: 最新の技術を取り入れた製品により、使いやすさと便利さが格段にアップ
  • デザインの美しさ: 高いデザイン性を持つ「プレミアムワン」製品は、住まい全体の美観を引き立てる

機能性とデザイン性を兼ね備えた製品が、日々の生活に贅沢さと快適さをもたらします。

多彩な空間提案

画像引用:桧家住宅 公式

桧家住宅は多彩な空間提案を行っています。顧客のライフスタイルに合わせた最適な空間設計が可能です。

  • 個別ニーズに対応:ライフスタイルに合わせた空間設計
  • 機能性と快適性の両立: 使いやすく快適な住まい
  • 高い顧客満足度: 多様な空間提案により満足度向上

桧家住宅の空間提案は、生活の質を高める最適な選択肢です。

高性能なZ空調を標準搭載

画像引用:桧家住宅 公式

桧家住宅では、高性能なZ空調システムが標準搭載されています。Z空調は、家全体の温度を一年中快適に保つシステムです。

  • 電気代の削減: Z空調を導入した家庭では年間の電気代が削減
  • 快適な住環境:快適な室内環境が維持され、住み心地が向上

桧家住宅のZ空調システムは、快適な住環境と経済的なメリットを両立します。

充実したオリジナル設備が標準使用

画像引用:桧家住宅 公式

桧家住宅は充実したオリジナル設備を提供しています。以下のような設備が標準装備されています。

  • 最新のキッチン設備
  • 快適なバスルーム
  • 機能性に優れた洗面台
  • お手入れが簡単なトイレ

デザイン性と快適性を重視した標準仕様により、生活の質が向上します。

桧家住宅の確認すべきポイント

保証期間が短い

画像引用:桧家住宅 公式

桧家住宅は大手ハウスメーカーと比較して保証期間が短いです。初期保証は10年で、有償のメンテナンス工事を行えば最長30年まで延長できます。他の大手ハウスメーカーが初期保証を30年に設定しているのに対し、桧家住宅の10年保証は短いと感じる顧客が多いです。

この点をデメリットとして挙げる顧客もいます。

完全に自由設計ではない

桧家住宅では完全に自由な設計はできません。自由度が高い「スマート・ワン カスタム」でも、基本設計は四角形のパレットの組み合わせによります。設計ルールにより、敷地の形や建物の強度を考慮した一定の制約があります。

つばめ

完全自由設計のハウスメーカーと比較して自由度が
低くなりますが、価格は抑えられます!

桧家住宅の良い口コミ・評判

  • 外は暑いけど家の中は涼しい
  • お家見学で夏も冬も快適でした
  • 新居の快適さに感動しています
スクロールできます
  • 間取りがウッドデッキ付きで楽しみ
  • 課金すれば性能あげられる
  • 防音性・気密性が良い
スクロールできます
  • 気密測定が全棟実施
  • プロがコーディネイト
  • Z空調は室外機が2台で外観の見た目がいい
スクロールできます

桧家住宅の悪い口コミ・評判

  • 2回目の打ち合わせで営業に契約を迫られた
  • 打ち合わせ記録もらえず、対応悪い
  • 工事作業者のマナーが悪い
スクロールできます
  • 構造材が悪いわけではないですが、企業イメージとマッチしていない
  • セミオーダーか…
  • ネットで当たり外れが激しいとか絶対やめとけとか
スクロールできます

桧家住宅が合っている人・合っていない人

桧家住宅が合っている人桧家住宅が合っていない人
エネルギー効率を重視する人
インテリアにこだわりがある人

安心して家づくりを進めたい人
完全自由設計を求める人
長期保証を重視する人

桧家住宅が合っている人

桧家住宅は以下の人に特におすすめです。

  • エネルギー効率を重視する人
    • 桧家住宅は「Z空調」や高性能断熱材「アクアフォーム」を採用しており、年間を通じて快適な室温を維持しつつエネルギー効率を高められます。電気代を抑えながら快適な住環境を求める人におすすめです。
  • インテリアにこだわりがある人
    • プロのインテリアコーディネーターが手掛ける「セレクテリア」により、統一感のある内装デザインが実現します。多様なスタイルから選べるため、自分好みのインテリアを楽しみたい人に合っています。
  • 安心して家づくりを進めたい人
    • 桧家住宅は価格が明確であり、定額制のスマート・ワン・カスタムなど、予算オーバーのリスクが低いです。価格が事前に分かるため、安心して家づくりを進めたい人に合っています。

桧家住宅が合ってない人

桧家住宅は以下の人には合わない場合があります。

  • 完全自由設計を求める人
    • 桧家住宅はスマート・ワンやスマート・ワン カスタムのように、ある程度決まったプランやパレットを基に設計するため、完全に自由な設計を求める人には不向きです。
  • 長期保証を重視する人
    • 桧家住宅の初期保証は10年で、有償メンテナンスを行うことで最長30年まで延長できますが、初期から長期保証を希望する人には物足りないかもしれません。大手ハウスメーカーの多くは初期保証を30年以上としている場合があります。

失敗しないために知っておきたい!ハウスメーカーの選び方

  • 対応エリアかどうかチェックする
  • 自由度と予算で選ぶ
  • 木造や鉄骨など、構造で選ぶ
  • 住宅性能で選ぶ
  • アフターサービスや保証で選ぶ
  • 複数のハウスメーカーを比較しよう

対応エリアかどうかチェックする

ハウスメーカーの対応エリアを確認することは、家づくりの第一歩として重要です。自分の希望する地域で建築が可能かどうかを事前に把握することで、スムーズな家づくりができます。

ハウスメーカーによって対応エリアが異なるため、事前確認しないと、後になって希望の場所に建てられないことが判明し、計画の見直しを余儀なくされる可能性があります。また、対応エリア内であっても、地域によって建築条件や費用が異なる場合があるため、詳細な確認が必要です。

  1. ハウスメーカーの公式ウェブサイトで対応エリアを確認する
  2. フリーダイヤルやお問い合わせフォームを利用して直接確認する
  3. 展示場や住宅情報センターを訪れて、担当者に詳細を聞く
  4. SNSや口コミサイトで、実際に建てた人の体験談を参考にする
  5. 複数のハウスメーカーの対応エリアを比較検討する

以上の方法で、ハウスメーカーの対応エリアを効率的かつ確実にチェックできます。

設計自由度と予算で選ぶ

ハウスメーカーを選ぶ際には設計自由度と予算のバランスを考慮することが重要です。

設計自由度が高いハウスメーカーでは、顧客の要望に応じた細かなカスタマイズが可能ですが、その分コストが高くなる傾向があります。一方、規格住宅を提供するメーカーでは、コストを抑えつつ標準化された高品質の住宅を提供します。

設計自由度が高い「完全自由設計」のハウスメーカーは、坪単価が高めに設定されていることが多く、コストが上昇する場合が多いです。

つばめ

設計の自由度と予算のバランスを考え慎重に選べば、
理想の家づくりができます!

木造や鉄骨などの構造で選ぶ

ハウスメーカーを選ぶ際には、木造や鉄骨などの構造も重要な要素です。

スクロールできます
構造特徴メリットデメリット
木造木材を主材とした構造
自然素材使用
家全体が柔らかい雰囲気
自然素材の温かみ
断熱性と調湿性が高い
増改築がしやすい
比較的リーズナブル
火災に弱い
シロアリ被害のリスク
長期的な耐久性に不安
地震に弱い
鉄骨耐久性高い
大空間を実現
火災に強い
メンテナンスが楽
地震に強い
高価 
冷暖房効率が悪い
遮音性が低い
鉄筋コンクリート造(RC造)主要構造部に鉄筋コンクリートを使用火災に強い
耐久性が高い
地震に強い
遮音性が高い
高価
工期が長い
リノベーションや増改築が難しい
鉄骨造木造と鉄骨の良いとこ取り 比較的リーズナブル
地震への耐性が高い
デザインの自由度が低い
ツーバイフォー施工が早い 断熱性・気密性が高い
地震に強い
高価
木造よりデザインの自由度が低い

表を参考に、自分たちの生活スタイルや予算、地域の気候などに応じて最適な構造のハウスメーカーを選びましょう。

住宅性能で選ぶ

住宅性能を重視してハウスメーカーを選ぶことも重要です。以下の点に注目すると良いでしょう。

スクロールできます
性能特徴
断熱性能断熱材の種類と厚さを確認
特に寒冷地では、高い断熱性能が必要
二重ガラスやトリプルガラスの窓は断熱性が高い
気密性能エネルギー効率が高いため省エネに
気密性測定の結果(C値など)を確認
耐震性能耐震等級3以上が目安
省エネ性能光熱費の節約が可能
「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」の認定を受けた住宅など
防音性能 外からの騒音を遮断する性能
室内での音を吸収する性能
寿命・メンテナンス性能耐久性やメンテナンスのしやすさも考慮
環境性能太陽光発電や雨水利用システムなど、環境に配慮した設備
健康性能シックハウス対策
化学物質を抑えた建材の使用や換気システム

上記の点を総合的に考慮して、自分や家族の生活スタイルに合った住宅を選ぶことが大切です。

アフターサービスや保証で選ぶ

ハウスメーカーを選ぶ際には、アフターサービスや保証内容も重要な選択基準となります。長期的に安心して暮らすためには、しっかりとしたアフターサービスと保証が提供されるハウスメーカーを選ぶことが重要です。

アフターサービスで選ぶポイントは以下のとおりです。

  • 点検・メンテナンス:定期的な点検やメンテナンスの頻度、内容、費用
  • 保証期間: 構造躯体、設備機器、外装、内装など、各部位の保証期間
  • 対応範囲:どんな不具合に対応してくれるのか、具体的な内容
  • 連絡体制:連絡先が分かりやすく、迅速な対応の体制
  • 担当者:同じ担当者が継続して対応してくれるのか、担当者の交代による情報共有や対応のずれがない

ハウスメーカー選びでは、最終的には担当者の対応が決め手となるでしょう。

つばめ

担当者の対応が良いと、コミュニケーションが円滑に進み、ストレスの少ない家づくりが実現します!

複数のハウスメーカーを比較しよう

複数のハウスメーカーを比較することで、自分に最適なハウスメーカーを見つけられます。

各ハウスメーカーの強みや特徴、価格帯を比較することで、自分のニーズや予算に合った選択ができます

複数のハウスメーカーを比較することで、価格や性能、サービス内容などの違いが明確になり、より納得のいく選択が可能です。

つばめ

個人的なオススメは自分に合う工務店を見つけること。
お手頃で、適正価格の工務店はありますよ。

契約する前に一旦自分の地域の工務店の資料を取りよせて
みましょう!

情報収集はノーリスクなので絶対やるべき!

情報収集には住宅カタログ一括請求がベストです。情報収集が簡単で、家でゆっくりと検討もできます。
まだいろいろなカタログを見比べていない方は絶対にするべきです。

\無料 簡単3分 ネットで完結/

» 公式 LIFULL HOME’Sで注文住宅の一括資料請求

つばめ

今あなたの一歩できっと違う結果に!

やって損はないから絶対やって!
契約はリスクがあるけど情報収集はノーリスクだよ!

つばめ

時間はかかっても良いから
失敗したくない・後悔したくないって方
には
この方法一択!

注文住宅を建てるために必要な費用

注文住宅を建てるために必要な費用は、大きく分けて3つ。それぞれの内容について詳しく説明します。

土地の取得費用

注文住宅を建てる際には、まず土地の取得費用が必要です。

住宅を建てるためには適切な土地を確保することが第一歩であり、土地の費用は地域や面積によって大きく変動します。主な土地の取得費用は以下のとおりです。

  • 土地代:実際の土地の購入費用
  • 仲介手数料:不動産業者を介した場合の手数料
  • 土地の造成費用:必要に応じて行う整地や擁壁工事などの費用

建物の建築費用

注文住宅を建てる際の建物の建築費用は、住宅の規模や仕様、選択するハウスメーカーによって異なります。

建物の建築費用は、使用する材料や工法、設備、デザインの複雑さによって大きく変動します。主な建物の建築費用は以下のとおりです。

  • 本体工事費:家の基礎、躯体、内装、外装などの基本的な建築費用
  • 設備工事費:電気、給排水、空調などの設備に関する費用
  • 外構工事費:駐車場、庭、フェンスなどの外部工事の費用

諸費用

注文住宅を建てる際には、建物の建築費用に加えて以下の諸費用が発生します。

  • 設計監理費:建築士や設計事務所への費用
  • 建築確認申請費:建築確認を受けるための行政手続き費用
  • 登記費用:土地・建物の登記に関する費用(司法書士への報酬を含む)
  • 不動産取得税:土地と建物の取得に対する税金
  • 火災保険料:住宅ローンを組む場合は必須の火災保険の費用
  • 引越し費用:新居への引越しにかかる費用

上記の費用は、地域や家の規模、仕様などによって大きく変わります。また、オプション工事や高級仕様を選択すると、さらに費用が上乗せされることがあるでしょう。注文住宅を計画する際は、費用を詳細に見積もり、予算内で実現可能かを慎重に検討することが重要です。

注文住宅のよくある失敗と注意点

近隣トラブルが発生

近隣トラブルが発生することがあります。

建設工事中の騒音やゴミ、車の駐車などが原因で近隣住民とのトラブルが発生することがあるためです。また、入居後も騒音やプライバシー問題でトラブルになることがあります。工事中に騒音や車の駐車で近隣住民から苦情が寄せられ、関係が悪化したケースがあります。

つばめ

トラブルを防ぐためには、事前にご近所さんに
挨拶することが大切です。

周辺環境に欠点があった

周辺環境に欠点があるとが判明することも。

購入前に十分な調査を行わなかったため、交通の便や治安、騒音などに問題があると後から判明することがあります。

交通量の多い道路沿いや夜間に騒音が発生する場所に家を建ててしまい、生活の質が低下したケースがあります。

つばめ

実際に現地に行き昼夜の環境を確認することが重要です。

予算をオーバーして家計が苦しくなってしまった

予算をオーバーして家計が苦しくなることがあります。

建築費用や諸費用が予想以上にかかり、ローンの返済が家計に重くのしかかることがあります。

オプションや追加工事の費用が膨らみ、毎月のローン返済が家計を圧迫するケースも。予算オーバーを防ぐためには、事前にしっかりと予算を設定し、オプションや追加工事の費用を見積もることが重要です。

つばめ

事前にしっかりと予算を設定し、オプションや
追加工事の費用を見積もりましょう!

大きく値引きしてもらった手前、手直し工事の要望が言えない

大きく値引きしてもらった場合、手直し工事の要望が言いにくくなることがあります。

値引きを受けると、工事の品質や仕上がりに問題があっても、クレームを言いづらくなることがあるためです。

値引きを受けたために、工事の不備を指摘できず、不満を抱えたまま生活しているケースがあります。値引き交渉とともに、工事の品質やアフターサービスについても確認することが重要です。

つばめ

要望をはちゃんと伝えないと後悔しますよ!

日当たり・風通しが悪かった

日当たりや風通しが悪い家を建ててしまうことがあります。

設計段階で周囲の建物や敷地の形状を十分に考慮しない場合が多いです。

隣家の影響で日当たりが悪く、湿気が溜まりやすい家を建ててしまったケースがあります。設計段階で周囲の状況を十分に考慮し、日当たりや風通しを確保することが重要です。

つばめ

事前にしっかり現地確認しましょう!

建ぺい率の関係で家が狭くなった

建ぺい率の関係で家が狭くなることがあります。

建築基準法により、敷地面積に対する建築面積の制限があるため、希望する広さの家を建てられないことがあります。

希望する広さのリビングや部屋が確保できず、狭い家を建てることになったケースも。事前に建ぺい率を確認し、設計段階で最適な間取りを考えることが重要です。

つばめ

事前にしっかり確認することが重要です。

収納が足りない

収納スペースが不足してしまうことがあります。

設計段階で十分な収納スペースを確保しなかったため、引っ越し後に収納不足を感じることが多いです。

クローゼットや収納棚が不足し、家が散らかりやすくなるケースがあります。設計段階で十分な収納スペースを確保し、家族の生活スタイルに合わせた収納計画を立てることが重要です。

つばめ

収納スペースは多めに取っておくのが絶対おすすめ!

二世帯にしたら生活リズムのズレがストレスに

二世帯住宅にした場合、生活リズムの違いがストレスになることがあります。

親世帯と子世帯の生活リズムが異なるため、騒音やプライバシーの問題が発生し、ストレスを感じるケースがあります。事前に生活リズムや価値観を話し合い、お互いの生活空間を尊重する設計を考えることが重要です。

以上の注意点を考慮して、注文住宅を建てる際の計画を立てることで、後悔のない理想の家づくりが実現できます。

つばめ

お互いのプライバシーを守って快適に暮らしましょう。

まとめ

桧家住宅の坪単価目安は40〜75万円と幅があります。

全館空調システム「Z空調」が標準装備のコスパの良い規格住宅で、豊富なプランもあるのできっとあなたの気にいる間取りもあるはず!完全自由設計ではないけど、間取りを自由に組み合わせられるので理想的な間取りや外観になります。

桧家住宅が合っている人桧家住宅が合っていない人
エネルギー効率を重視する人
インテリアにこだわりがある人

安心して家づくりを進めたい人
完全自由設計を求める人
長期保証を重視する人
つばめ

個人的なオススメは自分に合う工務店を見つけること。
お手頃で、適正価格の工務店はありますよ。

契約する前に一旦自分の地域の工務店の資料を取りよせて
みましょう!

情報収集はノーリスクなので絶対やるべき!

情報収集には住宅カタログ一括請求がベストです。情報収集が簡単で、家でゆっくりと検討もできます。
まだいろいろなカタログを見比べていない方は絶対にするべきです。

\無料 簡単3分 ネットで完結/

» 公式 LIFULL HOME’Sで注文住宅の一括資料請求

つばめ

今あなたの一歩できっと違う結果に!

やって損はないから絶対やって!
契約はリスクがあるけど情報収集はノーリスクだよ!

桧家住宅の坪単価でよくある質問と回答

桧家住宅で40坪の家を建てると総額いくらですか?

40坪の場合の本体価格は1,600〜2,600万円 、建築費総額は2,130~3,460万円が目安になります。

桧家住宅の坪単価はいくら?

桧家住宅の坪単価は40〜75万円の範囲です。

桧家住宅の坪単価は、選択する住宅のタイプやオプション、地域によって異なります。標準モデル、企画住宅の「スマート・ワン」、注文住宅の「スマート・ワン カスタム」など、さまざまなラインナップにより価格が変動します。

【PR】LIFULL HOME’S

【PR】タウンライフ

【PR】SUUMO

【PR】HOME4U「家づくりのとびら」

 

住宅メーカー選びがまだの方へ 探し方適性診断

家づくりにおいて
家づくりにおいて、直感より情報収集が大事だ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次