MENU
つばめ
建築メーカー 元現場監督・営業・アフター経験者
建築のプロとして、家づくりのお役立ち情報を発信していきます。本当のこと・言えなかったことを辞めた今正直に話します。(建築業界にいると、お金・業者・在庫などの兼ね合いで…)大事な家づくりを失敗して欲しくないのです。
【無料】住みたい地域の工務店・メーカー探しはこちらボタン

やめた方がいいハスメーカー13選!ハウスメーカー・工務店選びでの後悔とは⁉︎

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。

住宅メーカー選びがまだの方へ 探し方適性診断

家づくりにおいて
家づくりにおいて、直感より情報収集が大事だ!

このブログでは、ハウスメーカー選びでの失敗を避けるための重要な情報を提供します。避けるべきハウスメーカーの特徴、よくある後悔事例、選択のポイントを解説し、理想の家を実現するための実用的なガイドを提供します。

つばめ

おはようございます。こんにちは。こんばんは。つばめです。
このブログでは、私が工務店営業担当時代には立場上言えなかった情報や本音をお伝えしています。

一生に一度の買い物、あなたには後悔してほしくない!
読んで知って、賢くあなたの夢のマイホームを実現させましょう。

元工務店営業担当の私の主張はただひとつ!

つばめ

家を建てるときに大事なのは比較検討すること
そのために、複数の会社から見積もりをとりましょう。
住宅展示場にふらっと行くのはNGです。»NGな理由

住宅展示場にそのまま行ってしまった方や、比較ができてない方はこちらから、『比較検討をする

さて今回のお題は『やめた方がいいハウスメーカー』です。

このブログを見てわかること

やめた方がいいハウスメーカーがわかる。

ハウスメーカーの後悔例がわかる。

結論

  • とりあえず契約を!強引な営業をする
  • デメリットを説明しない。正直ではない
  • 予算を超えてくる!予算にあわせた提案ができない
  • 他社の悪口を言う
  • 担当者が頻繁に変わる・説明が異なる
  • 気密性・断熱性を重視しない
  • 現場が汚い
  • 長期保証・アフターサービスが手薄
  • 値引きやキャンペーンでアピール
  • 資材・設備の取り扱い幅が狭い
  • SNS上の評判が悪い
  • 工事現場に問題がある・下請け業者の態度が悪い
  • 身内・友人・知人との関係が深い

契約後にトラブルにならないようにしっかりと契約前にチェックしておきましょう。

どんなメーカー、工務店にしたらいいかわからない。迷ってしまうことはありませんか?

つばめ

やり方を知らずに半分以上の方が初めの一歩を間違えているんです。
その間違いとは、ふらっと住宅展示場に行くこと理由は下で解説!

ふらっと住宅展示場に行ってしまうと

  • 自分の予算をオーバーする!
  • 相場を知らずに金額が高い!
  • 自分に合った工務店が他にあるのに知らないまま

ローンシュミレーションがまだの方はこちらの記事をチェック

つばめ

あなたのお悩みを解決するためには情報が足りないのです。カタログ、間取り、見積もりがあれば多くの情報を手に入れることができます。

しかも、無料なので、あなたにとってノーリスクなんです!

まずは気軽に情報収集すべきですよ。

情報を手に入れるのに必要なのが『住宅カタログ一括請求サービス』です。
時間はかからず、インターネットから無料で簡単に(早いと入力3分)で見積もりと間取りがもらえます。
家にいながら情報を手に入れることができ、展示場での圧力もなく、ゆっくりと落ち着いて家族で話をすることができます。

つばめ

今あなたの一歩できっと違う結果に!

家を建てるのはとても大きなことだけど
情報収集しないで建てることだけは本当に避けて欲しい!
無料だから絶対試してほしい!

住宅カタログ一括請求サイトは『タウンライフ公式』がおすすめです。
おすすめな理由としては提携業者が多く、見積もり、間取りをもらえます。住宅カタログの一括請求サイト口コミを見比べる。

無料 簡単3分 毎月5000人が利用するサービス/

»まずは無料でもらえる情報と口コミをチェックする。

\無料 お客様満足度99% 中立な立場で寄り添ってくれます/

カタログ請求するより実際に会って無料で中立なプロの意見を聞きたい方LIFULL HOME’Sライフルホームズ住まいの窓口をチェック!

目次

やめた方がいいハウスメーカー・工務店の特徴 13選

やめた方がいいハウスメーカー①とりあえず契約を!強引な営業をする

顧客のニーズや状況を無視した強引な営業は、信頼感の欠如につながります。

つばめ

強引な営業での契約は
契約後もトラブルがおこるイメージがありますね!

やめた方がいいハウスメーカー②デメリットを説明しない。正直ではない

透明性と信頼性は、良いビジネス関係の基礎です。

つばめ

営業さんの口コミでもありますが
説明が不十分な場合があります。

聞くことがない状態で契約するようにしましょう!

やめた方がいいハウスメーカー③予算を超えてくる!予算にあわせた提案ができない

顧客の経済状況を考慮しないビジネスモデルは、顧客の利益を第一に考えていない証拠です。

つばめ

比較的どこのメーカーであっても、
様々な値段帯の商品がありますが

自分の予算とかけはなれいる場合はハウスメーカー選びが間違っている可能性が高いです。

自分に合ったハウスメーカー・工務店を探し方はこちらから!

やめた方がいいハウスメーカー④他社の悪口を言う

競合他社をおとしめることで自社を良く見せようとするのは、あまり良くはありませんね!

つばめ

結構いますよね!?
メリット・デメリットを聞かせてくれるなら良いのですが…

やめた方がいいハウスメーカー⑤担当者が頻繁に変わる・説明が違う

一貫性のないコミュニケーションは、内部の組織的な問題があったりします。

つばめ

打ち合わせの段階から出てくると思いますので
しっかりチェックしましょう!

間違えやミスが多い場合は担当変更をしてもらいましょう!

やめた方がいいハウスメーカー⑥気密性・断熱性を重視しない

適切な気密・断熱性能は、快適な住環境と省エネルギーの両方を実現します。これを軽視するハウスメーカーは避けた方が良いです。

つばめ

今のトレンドは気密性・断熱性ですね!
最高値を目指せとは言いませんが、C値、Q値などを
公表しているか聞いたら教えてくれるところの方が良い
ですね!

やめた方がいいハウスメーカー⑦現場が汚い

作り途中の現場見学は確実に行った方が良いです。現場が汚い場合、マイナスポイントでしょう!

つばめ

綺麗な現場だった場合、もしそのハウスメーカーを気に入っているなら『あの大工さんがやってくれるなら契約します』と伝えましょう!

現場を綺麗にしてくれる大工さんを指定できます。

前々から言っていますが、現場が綺麗な大工さんは上手なことほとんどです。

やめた方がいいハウスメーカー⑧長期保証・アフターサービスが手薄

購入後のサポートが不十分だと、将来的に追加の費用や手間が発生する可能性があります。

つばめ

アフターサービスは
保証内容・保証期間を契約前に確認しましょう!

これは絶対です。

何がカバーされて何が有償工事になるのか?

やめた方がいいハウスメーカー⑨値引きやキャンペーンでアピール

価格競争に頼るのは、製品やサービスの質が低い可能性があります。

つばめ

値引きやキャンペーンはお得ですが
本当にお得かは仕様を見て判断しましょう!

やめた方がいいハウスメーカー⑩資材・設備の取り扱い幅が狭い

多様な選択肢がない場合、顧客のニーズに対応できない可能性があります。

つばめ

設備を種類が少ないメーカーもありますが
設備を少なくして値段を下げている場合もあるので

自分が設備にこだわりがあるのかをしっかりと検討しましょう!

やめた方がいいハウスメーカー⑪SNS上の評判が悪い

オンラインでの評価は、企業の評判を反映する傾向があります。

つばめ

今の時代はXやInstagramもチェックすべきでしょう!

やめた方がいいハウスメーカー⑫工事現場に問題がある・下請け業者の態度が悪い

安全基準や品質管理の欠如は、将来的な問題のリスクを高めます。

先ほども言いましたが、工事途中の現場に見学に行かせてもらいましょう。

現場の綺麗さ・職人の態度・材料の養生(雨に濡れない様になっているか)など意外とみるところはたくさんあります。

つばめ

口コミサイトなどには職人の対応の悪さなど
悪い口コミが目立つところもあるのでチェックすべきでしょう!

やめた方がいいハウスメーカー⑬身内・友人・知人との関係が深い

親族や友人の関係がビジネスに影響を与える場合、客観性が欠ける可能性があります。

つばめ

お友達からの紹介で安くなる場合もあっていいのですが

近すぎる場合、気を使って言えなくなる場合もあるため注意が必要です。

すずめ

いろいろな要素があるのね!

チェックするのが大変かも知れないけど
一生に一度かもしれないしね!

つばめ

様々な要素が必要なのがわかりますね!
自分に合った工務店もあるので地域にないかを探してみましょう。

つばめ

今あなたの一歩できっと違う結果に!

家を建てるのはとても大きなことだけど
情報収集しないで建てることだけは本当に避けて欲しい!
無料だから絶対試してほしい!

住宅カタログ一括請求サイトは『タウンライフ公式』がおすすめです。
おすすめな理由としては提携業者が多く、見積もり、間取りをもらえます。住宅カタログの一括請求サイト口コミを見比べる。

無料 簡単3分 毎月5000人が利用するサービス/

»まずは無料でもらえる情報と口コミをチェックする。

\無料 お客様満足度99% 中立な立場で寄り添ってくれます/

カタログ請求するより実際に会って無料で中立なプロの意見を聞きたい方LIFULL HOME’Sライフルホームズ住まいの窓口をチェック!

ハウスメーカー選びでよくある後悔と失敗事例

ハウスメーカー選びの後悔例

  • 安さだけで選んだ:
    安い業者を選ぶと、工事の品質が低く、多少高額な修繕費が発生するケースがあります。
  • 契約前と契約後の対応の違い:
    契約前は親切でも、契約後の対応が悪い業者もあります。契約前対応だけで判断せず、しっかりと調査する必要があります。
  • アフターサービスが手薄:
    工事が完了した後も、多少のトラブルや修繕が必要になることは少なくありません。アフターサービスが少ない業者は避けるべきです。
  • 施行ミス
    工事中はたくさんの職人が入るため、考えたくありませんが、図面とちがう場合があるので現場に行った際はチェックすべきです。
  • 営業・設計・監督・職人の連携ミス
    ミスが多い場合は信頼できる人に頼みましょう。営業・設計・監督、誰に意見すれば現場がうまく施工されるか見極めましょう。ひどい場合は、もちろん担当変更を要求しましょう。

ハウスメーカー選びでの後悔の口コミ例

安さだけで選んだ

Cさん

安さだけで選んでしまったら
契約後、オプションで金額がどんどん上がってしまった。

Dさん

安かろう悪かろう
しっかりと検討すればよかった

つばめ

本当に安いのか?
総合的な費用をしっかりと判断する必要があります。

そのためには多くの(少なくとも3〜4社)の見積もりをとるべきです。

この努力で後悔は絶対に減るはずです。

契約前と契約後の態度の違い

Cさん

契約した途端、連絡が遅くなった。
だまされた気分

Dさん

契約すると強気に出てきた。
こんなに態度が違うなんて…

つばめ

この意見、結構見かけますが
一番むずかしいかもしれません。

契約前は信頼できる人に見えてたので。

この場合は、担当変更もしくは設計・監督に早めに繋いでもらいましょう。

アフターサービスが手薄

Cさん

アフターなんてあって無いようなもの

Dさん

連絡しても既読無視される

つばめ

既読無視なんて
どうなっているのか?

この場合は、支店もしくは本社に直接連絡しましょう!

また、口コミチェックも大事。

施行ミス

Cさん

コンセントが図面と違う場所についていた

Dさん

図面に載っている設備が付いていない

つばめ

仕方ないと言ってはいけないのですが
ミスが一つもない現場など少ないです。

しかし、ミスがわかった場合は、すぐに監督に連絡し、
引き渡し前に直してもらいましょう。


直すのがむずかしい・妥協できる場合は、営業に掛け合って
金額を値引きしてもらいましょう。

営業・設計・監督・職人の連携ミス

Cさん

図面が最新のものが渡っていなくて変更点が共有されていなかった。

Dさん

監督さんに伝えたのに、職人さんには伝わっていなくて工事されてしまった。

つばめ

こちらも同様。ミスがわかった場合は、すぐに監督に連絡し、
引き渡し前に直してもらいましょう。


直すのがむずかしい・妥協できる場合は、営業に掛け合って
金額を値引きしてもらいましょう。

ハウスメーカー・工務店選びの解決策

  1. 実績と評判をチェックする:
    過去の施工例や口コミ、評判をしっかりと調査することが必要です。インターネットでのレビューも参考になればよいでしょう。
  2. 資格と保証:
    業者が持っている資格や、どのような保証があるのか​​も重要なポイントです。 特に、工事後のアフターフォローが充実しているかを確認しましょう。
  3. 明確な見積りと契約内容:
    不明瞭な見積りや契約はトラブルの元です。 初めての見積りが非常に安い場合は、その後追加費用が発生する可能性がありますので注意が必要です。

ハウスメーカー選びのポイントと注意点

失敗例の対策・解決策

  1. 安さだけで選んだんだ
    • 対策: 複数の業者から見積もりを取り、それぞれの業者が提供するサービスや品質を比較します。
    • 解決策: 価格だけでなく、レビューや過去の施工例、保証期間もしっかりと確認しましょう。
  2. 契約前と契約後対応の違い
    • 対策: 契約前にレビューやレビューで業者の評判を確認します。
    • 解決策: 担当者の変更を要請しましょう。変わらない場合は第3社機関も検討すべきです。
  3. アフターサービスがなかった
    • 対策: 契約前にアフターケアの詳細とその費用について確認します。
    • 解決策:アフターケアがしっかりしている業者を選び、その点を契約に盛り込みます。

業者選びは新しい生活の質を大きく考慮するステップです。失敗しないためには事前の準備と調査が必須です。慎重な検討を大切に、安心と信頼のおける新居作りを目指しましょう。

»メーカー・工務店選び方について詳しく書いてある記事をチェック!誰でもできる値下げ方法

主要メーカー比較

ハウスメーカーの坪単価一覧

ローコストメーカー一覧

ハウスメーカー一覧構造坪単価
オープンハウス木造45~80万円
アエラホーム木造45~75万円
レオハウス木造45~70万円
タマホーム木造40~75万円
アキュラホーム木造40~80万円
アイダ設計木造40~70万円
飯田産業木造40~70万円

中価格帯のハウスメーカー

ハウスメーカー一覧構造坪単価
一条工務店木造2×665~105万円
住友不動産木造2×465~100万円
ヤマダホームズ木造60~90万円
ポラス木造55~85万円
アイフルホーム木造50~80万円
木下工務店木造2×450~80万円
アイ工務店木造50~80万円
富士住建木造2×450~75万円

高価格帯のハウスメーカー

ハウスメーカー一覧構造坪単価
三井ホーム木造2×6100~130万円
スウェーデンハウス木造85~130万円
住友林業木造80~120万円
積水ハウス鉄骨造・木造80~120万円
三菱地所ホーム木造・RC造80~120万円
セキスイハイム木造・鉄骨造80~110万円
大和ハウス鉄骨造・木造80~110万円
へーベルハウス鉄骨造80~110万円

地域の工務店の一例

工務店の一例構造坪単価
静鉄ホームズ(静岡県)木造2×440〜80万円
黒澤工務店(埼玉県)木造50〜75万円
AGEING HOUSE(兵庫県)木造40〜80万円
アイウッド(熊本県)木造45〜80万円

工務店といっても、さまざまですね!大手メーカーさんほど坪単価が高いところもあれば、謳い文句は坪単価30万円台のところも数多くあります!実際は諸経費やさまざまなオプションで収まらないことがほとんどですが・・・。

どのハウスメーカーが最適か?

大手ハウスメーカーのスタイルやプランの特徴

大手ハウスメーカーは多様なスタイルやプランを提供し、幅広い顧客ニーズに対応しています。彼らの特徴は、デザインの多様性、豊富な設備やオプション、プロジェクト管理の効率性などです。これにより、顧客は自分の好みや予算に合わせた選択肢を持つことができます。一方で、大手ハウスメーカーのスタイルやプランは一定の標準化も含んでおり、柔軟性には制約がある場合があります。

  1. デザインの多様性: 大手ハウスメーカーは、多様なデザインスタイルを取り入れた住宅プランを提供しています。これは、市場の需要に応じ、顧客の好みやトレンドを反映させるためです。大手ハウスメーカーはデザイナーや建築専門家と協力し、新しいアイデアや先端技術を取り入れることで、独自のスタイルを確立しています。
  2. 設備やオプションの豊富さ: 大手ハウスメーカーは、豊富な設備やオプションを提供することで、顧客のニーズに合わせたカスタマイズを可能にしています。例えば、高性能な断熱材やエネルギー効率の高い設備、快適な生活をサポートするスマートホームシステムなどが含まれます。これにより、顧客は快適性や省エネ性など、自身の優先順位に合わせて選択できます。

地域の工務店のカスタマイズや個別設計の可能性

地場工務店は、カスタマイズや個別設計の柔軟性において大手ハウスメーカーよりも優れています。彼らは顧客の要望や好みを重視し、建築プロセス全体において密接なコミュニケーションと柔軟な対応を行うことができます。地場工務店の強みは、顧客との関係性の構築やニーズに合わせた建築の実現ですが、一方で大規模プロジェクトや厳格な予算制約には限定される場合もあります。

  1. 顧客との関係性の構築: 地場工務店は、地域社会に根ざした存在であり、顧客との関係性を重視しています。このため、顧客の要望や好みを詳細にヒアリングし、それを建築プロジェクトに反映させることが可能です。地場工務店は、建築家や設計士と直接連携しながら、顧客のニーズに合わせたカスタマイズや個別設計を実現します。
  2. 建築プロセスの柔軟性: 地場工務店は、大規模な組織ではないため、柔軟な対応が可能です。顧客とのコミュニケーションが密接であり、建築プロセス全体においてリアルタイムな変更や調整が行われます。これにより、顧客の要求に応じたカスタマイズや個別設計が容易に実現できます。

自身の好みやライフスタイルに合ったデザインの選択

大手ハウスメーカーと地場の工務店の間で、自身の好みやライフスタイルに合ったデザインを選択する際には、地場の工務店がより柔軟性とカスタマイズの余地を提供しています。地場工務店は顧客との緊密なコミュニケーションを通じて、顧客の要望や好みを反映させるカスタムデザインを実現します。一方、大手ハウスメーカーは幅広いデザインスタイルを提供しますが、一定の標準化や選択の制約がある場合があります。

  1. カスタマイズの柔軟性: 地場工務店は、建築家や設計士との緊密な協力により、顧客の好みや要望を具現化するカスタマイズを可能にします。彼らは顧客のアイデアやライフスタイルを重視し、建築プロジェクトに反映させることで、独自の個性や特徴を持つ住宅を提供します。
  2. カスタマイズに関するデータ: 住宅産業におけるデザインのカスタマイズや個別設計の重要性は、消費者の要望にも反映されています。例えば、住宅建設の専門統計機関である経済産業省のデータによれば、個別設計による住宅の需要が増加しています。これは、顧客がよりパーソナライズされたデザインを望んでいることを示しています。

大手メーカーが合っている人

  • 安心感が欲しい方
  • ブランドイメージが欲しい方
  • 資金に余裕のある方

地域の工務店が合っている人

  • 価格を抑えたい方
  • 柔軟な対応をして欲しい方
  • ブランドイメージを気にしない方

大手ハウスメーカーと地域の工務店は、業務規模、ブランド力、提供するサービスの範囲、顧客層、価格競争力などの面において異なる特性を持っています。大手ハウスメーカーは全国的な展開と一貫性のあるブランドイメージがあり、一方で地域の工務店は地域に密着したサービスと柔軟性が特徴です。顧客は自身のニーズや要望、予算に合わせて選択することが重要です。

つばめ

大手ハウスメーカーの方がブランドイメージがあり、
安心感につながりますね!

すずめ

安心感はやはり必要よね!

つばめ

地域の工務店は知名度はないですが、柔軟な対応をしてくれます。
こうしたい!ああしたい!これはできる?のように
したいことがたくさんある方にはオススメです。

すずめ

なるほど〜
柔軟な対応も必要よね〜
自分がどちらに合っているのかを
しっかりと見極める必要がありそうね!

  • 作り方の違いのイメージ
    • 大手ハウスメーカー: 量産型の住宅を提供し、幅広い商品ラインナップ持っています。
    • 地域の工務店: オーダーメイドの住宅建築を得意とし、顧客の要望に合わせた建築を行います。

どちらか迷っている方は両方の資料請求をして見比べることが必要です。ネットから複数の見積もりを取りたい方はこちらから!

大手ハウスメーカー地域の工務店
業務内容住宅の量産型建築オーダーメイドの住宅建築
特徴ブランド力、一貫性のあるサービス地域に密着した建築、顧客との緊密な関係構築
施工範囲全国的な展開、大規模な住宅団地地域内や近隣地域を中心とした建築活動
価格競争力経済的なメリット、競争力のある価格設定中程度の価格帯、地域の需要と競合業者に影響されることもある
顧客層幅広い顧客層、特に一戸建て住宅を希望する層地域の特性や要望に合わせた個別の顧客層
建築スピード工期の短縮、スムーズな建築プロセス工期は個別の要望や地域の特性により異なる
アフターサービス保証期間内の修理、顧客サポートセンターの提供、長期優良住宅保証制度定期的なアフターサービス、顧客との信頼関係の構築
つばめ

住宅展示場だけではなく、地域の工務店も選択肢に入れるべきです。

選択肢は多いほうが良いですから!

選択肢を増やすには、手間も省けるカタログ一括請求がオススメです。
カタログ一括請求のことが知りたい方はこちら!

オススメサイトから請求してみる方はこちら!

つばめ

今あなたの一歩できっと違う結果に!

家を建てるのはとても大きなことだけど
情報収集しないで建てることだけは本当に避けて欲しい!
無料だから絶対試してほしい!

住宅カタログ一括請求サイトは『タウンライフ公式』がおすすめです。
おすすめな理由としては提携業者が多く、見積もり、間取りをもらえます。住宅カタログの一括請求サイト口コミを見比べる。

無料 簡単3分 毎月5000人が利用するサービス/

»まずは無料でもらえる情報と口コミをチェックする。

\無料 お客様満足度99% 中立な立場で寄り添ってくれます/

カタログ請求するより実際に会って無料で中立なプロの意見を聞きたい方LIFULL HOME’Sライフルホームズ住まいの窓口をチェック!

ハウスメーカー選びで後悔しないための方法

  • 気密性・断熱性を重視しない
  • 現場が汚い
  • 長期保証・アフターサービスが手薄
  • 強引な営業をする
  • 値引きやキャンペーンでアピール
  • 説明が不十分・正直ではない
  • 予算にあわせた提案ができない
  • 資材・設備の取り扱い幅が狭い
  • 他社の悪口を言う
  • 担当者が頻繁に変わる・説明が異なる
  • SNS上の評判が悪い
  • 工事現場に問題がある・下請け業者の態度が悪い
  • 身内・友人・知人との関係が深い

上記のチェックポイントをしっかりと確認しましょう。

つばめ

この要素を回避するだけでハウスメーカー選びで失敗する可能性はだいぶ減ります。

【まとめ】後悔しない家づくりのために

住宅購入は一生に一度の大きな決断です。このブログでは、避けるべきハウスメーカーの特徴を13点挙げ、どのような点に注意すべきかを詳細に説明しました。重要なのは、以下のポイントに特に注意を払うことです。

  • 品質と安全性の確保:気密性・断熱性、耐震性の高い家は、長期的な安心とコスト削減につながります。
  • 信頼できる財務基盤とサポート:安定した財務状況と長期保証、アフターサービスは、将来の安心に不可欠です。
  • 透明性と顧客志向の姿勢:明確な説明と顧客のニーズに寄り添う姿勢は、信頼の証です。

これらのポイントを念頭に置き、ハウスメーカーを選ぶ際は、十分なリサーチと慎重な判断が求められます。貴重な資産であるあなたの家を、信頼できるパートナーと共に築いていくことが重要です。

工務店も一緒に探すべき

今この記事に辿り着いているあなたは、とても勉強熱心で高性能な家を適正価格で購入したいという熱意が強い人だと思います。

工務店も一緒に探すべき理由は2つあります。

  • 坪単価を抑えられる(高性能な家を安く手に入れる方法)
  • 性能は高いが名前は知られていない工務店はある

そんな工務店をぜひ見つけて下さい。

つばめ

個人的なオススメは自分に合う工務店を見つけること。
お手頃で、適正価格の工務店はあるのです。

契約する前に一旦自分の地域の工務店の資料を取りよせて
目を通しても良い点はあっても悪い点はありません。

そんな時に役に立つのが、一括請求サービスです。正直、どこでカタログを請求してもらっても構いませんが、私がオススメするのは『タウンライフ』や『LIFULL HOME’S 住まいの窓口』の2社です。提携企業数が多いのであなたの求める工務店やローコストメーカーもきっと見つかるはずです。

ここまでしっかりと調べているあなたなら、失敗することなくあなたの納得いくメーカー・工務店を見つけられると信じています。

自分の住みたい地域の工務店・メーカー探しはこちら!
複数の見積もりが欲しい』方はこちらから!
住宅カタログ一括請求サイトも色々あるので見比べたい方はこちらから!

\無料 簡単3分 毎月5000人が利用するサービス/

\無料 お客様満足度99% 中立な立場で寄り添ってくれます/

カタログ請求するより実際に会って無料で中立なプロの意見を聞きたい方LIFULL HOME’Sライフルホームズ住まいの窓口をチェック!

複数の見積もりが絶対必要!

無料の一括カタログ請求サービス、例えば『タウンライフ』や『LIFULL HOME’S 住まいの窓口』のようなサービスを活用することで、メーカー選び、土地選びのプロセスが大幅に効率化されます。

また、時間と労力の節約、プロの助言の入手、コスト削減など、多くのメリットがあります。無料サービスは資金面の負担を抑えつつ、適切な土地選びやメーカー選びをサポートします。

一人で進めるよりも安心して土地選びも進めることができるでしょう。

比較することで値段を下げることにも成功できるはずです!

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーすると

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができる!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができる!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができる!

Q&A

気密性や断熱性を軽視するハウスメーカーを避けるべき理由は何ですか?

気密性と断熱性は、住宅の快適性とエネルギー効率に直接関わります。これらが不十分な家は、冷暖房の効率が低く、光熱費が高くなりがちです。また、快適な居住環境を実現するためにも、これらの要素は非常に重要です。

長期保証やアフターサービスが不十分なハウスメーカーにどんなリスクがありますか?

長期保証やアフターサービスが不十分な場合、将来的に追加の修理費用やメンテナンス費用がかかるリスクがあります。また、住宅に関する問題や不具合が生じた際に適切なサポートを受けられない可能性が高くなります。

ハウスメーカー選びで「他社の悪口を言う」ことを警戒すべき理由は何ですか?

他社の悪口を言うハウスメーカーは、自社の製品やサービスの質を正当に評価してもらうためではなく、競合他社を貶めることで自社を良く見せようとする可能性があります。これはプロフェッショナリズムに欠け、信頼性に疑問を抱かせる行動です。

値引きやキャンペーンを多用するハウスメーカーにどんな問題がありますか?

値引きやキャンペーンを多用するハウスメーカーは、製品やサービスの質よりも価格競争に焦点を当てている可能性があります。このようなアプローチは、長期的な価値や品質を犠牲にしていることが多く、結果として顧客の満足度が低くなるリスクがあります。

ハウスメーカーが提案内容に予算を考慮しない場合、どのように対応すべきですか?

予算を考慮しない提案をするハウスメーカーは、顧客のニーズよりも自社の利益を優先している可能性があります。このような場合は、他のハウスメーカーを検討するか、明確に予算内での提案を求めることが重要です。自分の財政状況に合った提案を行うハウスメーカーを選ぶことが賢明です。

#家 #家づくり #マイホーム #住宅 #注文住宅  #玄関 #窓  #廊下 #階段 #リビング #ダイニング #キッチン #LDK #DK #和室 #メーカー #メーカー選び #工務店 #工務店選び #寝室 #子供部屋 #バルコニー #エアコン #電気図 #間取り #見積もり #一括請求 #タウンライフ #無料請求 #カタログ #クローゼット #ウォークインクローゼット #シューズイン

【PR】LIFULL HOME’S

【PR】タウンライフ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次