MENU
つばめ
建築メーカー 元現場監督・営業・アフター経験者
建築のプロとして、家づくりのお役立ち情報を発信していきます。本当のこと・言えなかったことを辞めた今正直に話します。(建築業界にいると、お金・業者・在庫などの兼ね合いで…)大事な家づくりを失敗して欲しくないのです。
ささ
ハウスメーカー 現役設計担当
取得資格:一級建築士・宅地建物取引士・福祉住環境コーディネーター2級
現職でハウスメーカーの設計をしています。住宅は人生の中でも、特に大きな買い物です。読んでくださる方が、少しでも快適な住まいを建てられる様に、最新の住宅情報を発信します。
【無料】住みたい地域の工務店・メーカー探しはこちらボタン

“建売が恥ずかしい”って本当?建売住宅の魅力と落とし穴。欠陥住宅は〇〇に相談!徹底ガイド

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。

建売住宅の真実を徹底解明!恥ずかしいと言われる理由からメリット・デメリット、後悔しない選び方のポイントまで詳しくガイドします。あなたの理想の住まい選びをサポート!

つばめ

おはようございます。こんにちは。こんばんは。つばめです。
このブログでは、私が工務店営業担当時代には立場上言えなかった情報や本音をお伝えしています。

一生に一度の買い物、あなたには後悔してほしくない!
読んで知って、賢くあなたの夢のマイホームを実現させましょう。

元工務店営業担当の私の主張はただひとつ!

つばめ

家を建てるときに大事なのは比較検討すること
そのために、複数の会社から見積もりをとりましょう。
住宅展示場にふらっと行くのはNGです。NGな理由はこちらで確認。

見積もりをとるメリットは3つ!   

  1. 希望の家の相場がわかる
  2. 時短になる
  3. 比べることで、費用をおさえられる

住宅展示場にそのまま行ってしまった方や、比較ができてない方はこちらから、『比較検討をする』をチェック!

本日は『建売住宅が恥ずかしい』と言われる理由についてお伝えしていきます!

このブログを見てわかること

・建売住宅がなぜ恥ずかしいと言われるのか?

・建売住宅のメリット・デメリットがわかる。

・あなたは建売、注文住宅!?

結論から言いますと、以下の要点が重要となります。

恥ずかしいと言われる理由は、多くのイメージから寄与しています。悪い・安いイメージからくるものです。クオリティーに関しては、注文住宅と変わらないことがほとんどです。ただし、中には欠陥住宅や住みにくい間取りもあるかもしれません。もし、どうしても気になる方は、購入前に住宅診断を別会社にお願いすることをおすすめします。

建売住宅があっている人

スクロールできます
建売があっている人説明
人の目を気にしない人建売住宅は外観が似通っていたりと建売住宅だとわかることがあります。建売住宅が恥ずかしいと思っている方には後悔が残るかもしてれません。
購入を急ぐ人建売住宅は即入居が可能なため、急な転勤や家族の増加など、すぐに住宅が必要な場合に適しています。
デザインや設計にこだわりがない人慎重な設計・建築が終わっているので、特別な要望カスタマイズやを求めない方に対応しています。
はじめての住宅購入者建売住宅は選ぶプロセスがシンプルで、初めての住宅購入でも迷わず選択ができます。
手間をかけたくない人建売住宅は新築のため、すぐにメンテナンスの必要がなく、また自分で設計や工事の手間が省けます。
予算を明確にしたい人価格がはっきりしているため、予算内での住宅選びがしやすいです。注文住宅では予算がオーバーしやすいです。

注文住宅があっている人

スクロールできます
注文住宅があっている人説明
人の目を気にする人建売住宅は外観が似通っていたりと建売住宅だとわかることがあります。建売住宅が恥ずかしいと思っている方は注文住宅にすべきです。
こだわりが強い人の理想とする住宅デザインや間取りに特定のこだわりがある方に適しています。
特別な要望がある人バリアフリー設計やペットとの共生、ホームシアター趣味や部屋など、特別な要望を持っている方に適しています。
資金的に余裕がある人注文住宅は建売住宅に比べて高価になることが多いため、予算に余裕がある方におすすめです。
時間に余裕がある人設計から完了までに時間がかかるため、滞在までに時間的な余裕がある方を向いています。
目次

1. 建売住宅とは?

既分譲済み街並み

画像引用:一建設公式HP

1-1. 建売住宅の定義

建売住宅とは、業者やデベロッパー(土地や街の開発事業者)が土地を取得し、自らの判断で住宅を建築した後、消費者へ販売する住宅のことを言います。これは、顧客の要望や好みを元に建築されまする注文住宅とは異なります。主に、都市部近郊や宅地造成エリアに多く見られる形態です。

  • 市場のニーズ:日本の住宅市場において、注文住宅と建売住宅の2つの主要な販売形態が存在します。2020年の統計データによると、新築住宅の販売の中建売住宅が占める割合は約40 %とされています。
  • 価格面の留意: 建売住宅は一定の設計や規格に定め量産されるため、注文住宅に比べて価格が安い傾向があります。

例、東京都の某エリアにおける建売住宅の新築一戸建ての平均価格は、約5,000万円であるのに対し、同じエリアでの注文住宅は平均して6,500万円となっております。また、建売住宅が経済的に届きやすいことがございます。

建売住宅は、デベロッパーや建設業者が任命、計画・設計して建築する住宅のことを言います。市場ニーズや価格の手頃さから、多くの人に選ばれている住宅形態です。の際には、自分のライフスタイルや好みに合わせられるかどうかを良く検討することが重要です。

1-2. 建売住宅の特徴

建売住宅は、多くの人々が住宅を購入する際の選択肢として存在しています。これは、建設業者が一定の設計や規格に沿って事前建築して、後から消費者に販売する住宅形態です。では、具体的にはどのような特徴がありますのでよろしくお願いします。

建売住宅の特徴リスト:

  1. 即入居可能:住宅がすでに完成しているため、購入後すぐに入居できることが多いです。
  2. 価格が比較的安い:一定の設計や規格に定める量産するため、コストを抑えられます。
  3. 選択肢が制限される:デザインや間取りのカスタマイズが難しい場合が多いです。
  4. 展示場で実際の住宅を見ることができる:実物を見れるため、実際の生活をイメージしやすい。
  5. 土地と建物がセット:土地の選び直しや、建物だけの購入などの選択が難しい場合が多い。
  6. 保証・アフターサービス:多くの建売住宅デベロッパーは、一定期間の保証とアフターサービスを提供しています。

建売住宅は、すでに完成している住宅を購入する形態で、その価格の手頃さや即入居可能な点などが魅力です。を手に入れるためには、事前にしっかりとその特徴を踏まえ、必要に応じて他の住宅形態と比較検討することが大切です。

2. なぜ「建売住宅は恥ずかしい」と言われるのか?

2-1. 一般的な悪い・安いイメージの背景

「建売住宅は恥ずかしい」という言葉を忘れないことがありますが、このようなイメージがどこから生まれてきたのか、その背景を探る必要があります。多くの人々に選ばれていますが、一部の人々の間では特定の悪いイメージが持たれています。

  1. デザインの一律性: 多くの建売住宅は同じデザインや間取りで建築されることが多く、個性的なデザインを望む人にとっては物足りないと感じることがある。
  2. 品質への疑問: かつて、一部の建売住宅でれる材料の品質や耐久性に関する問題が報道されたことがあり(※具体的な事件名や年数は省略)、これが悪い一因となっている。
  3. 価格の手頃さが逆に否定に: 建売住宅の価格が手頃であることが、一部の人々にとっては「安物買いの銭覚悟」という概念を備えている。

「建売住宅は恥ずかしい」という言葉の見方には、の均等性や品質デザインへの疑問、価格の手軽さが逆に否定的なイメージとなっている点が挙げられます。部の事例や過去の出来事に基づいており、最近の多くの建売住宅は品質やデザインにおいても高い水準を持っています。評判をしっかりとチェックすることが大切です。

2-2. SNSや口コミでの評価の影響  注文住宅より意外と少ない!?

Dさん

建売だからこそ、隣の家と窓が全く同じ位置で開けにくい…というのは無く満足してるほうです。
後悔は…今のところあまりありませんが、住んでみてからここにもコンセントがあればというのはありました。注文でもそれはあるでしょうけど、特に、屋外にコンセントがあると何かと便利だったな、と思いました。
あとは、購入のときは焦らずしっかり値切ること!…ですね。
これをしてなかったのが1番の後悔(笑)

つばめ

確かにコンセントの少なさはありますね!

値切ること!これは本当に大事!

一生に一度かもしれない大きな買い物値切るのは当たり前!

Dさん

当方、新築の3階建ての物件を購入しました。
3階は大変です、洗濯物を干すのにひたすら階段・・
洗面所が1階で、寝ているのが3階、寝る前もひたすら階段です。
人が来ては、3階から駆け下ります。

つばめ

建売というより、3階建ての間取りに関する後悔ですね!

Bさん

商業施設、学校、駅近で生活する分には申し分ないんだけど・・・
4DK(上3部屋・納戸&wc、下1DK・風呂・納戸&wc)という間取りは中途半端。
せめて対面式キッチンの3LDK(上3部屋で下が1LDK)の間取りだったら
もう少し使いやすそうなのに・・といつも思います。ベランダが小さいのも不満。

はぁ~ 当時の年収400万円台ではそれが精一杯でした。

つばめ

建売というより、3階建ての間取りに関する後悔ですね!

Cさん

建売は、それなりに内外・周りの環境を見て検討し、納得して買うから後悔と思う確率が低い。
注文は、図面での想像で検討して買うから、実物とのギャップで後悔してしまう確率が高い。

つばめ

確かに仰る通りかも!

建売は見てから買えるから後悔が少ないのかも!

ブログを書いているので、口コミをよく調べるのですが、
建売より注文住宅の方が後悔の口コミは多いね!

Aさん

家にこだわりがある人は注文にすればよいわけで、無い人は建売で十分。
建売を買って後悔している人が仮に居たとして、原因が家の構造や材質ってのは多いのかな?そりゃ知っておくにこしたことはないけど、後悔するほどのものでもないような。
後悔の例では、三階建ては意外と登り降りが大変だったとか、風呂は一階が良かったとか、庭の日当たりがもう少しよければな的なレベルかな。(私の周りの実際の愚痴です)

つばめ

注文住宅を選ぶ人はこだわりを持っている人が多いので
後悔することも多いのでしょうね!
愚痴レベル!確かに!
ちなみに何棟もお客様の家を建ててきた私も、自宅の後悔は何点もあります😂

口コミ参照:マンションコミュニティ

2-3.外観が似通っているため、建売住宅だとわかりやすい(人の目を気にしている)

注文住宅は、個人の要望に基づいて設計・建築されるため、デザインや間取りに個性が出るものその結果、建売住宅の外観やが似ている場合がデザインとして多く、これが「建売住宅らしい」という印象を抱いております。

建売住宅の利点の一つは、効率的な生産性と低コストです。このため、同じ設計・間取りを複数の場所で繰り返して建てることが一般的です。これにより、建売住宅特有のデザインや外観が生まれ、これが他の住宅と比較して特徴になることがあります。

また、市場のニーズに応えて、一般的な要望を取り入れた設計が行われるため、特定のエリアや時期に流行るデザインが多くの住宅住宅で採用されることもあります。

例、あるエリアで新しい住宅地が開発されたとします。そのエリアに複数の建売住宅が建てられる場合、同じハウスメーカーや建築業者から供給されると、外観やデザインが似ている家が並ぶことこれにより、そのエリアの住宅が「建売っぽい」と感じられることがあります。

建売住宅の外観が似ている理由は、効率的な生産とコスト削減を目的とした同じ設計を繰り返し、そして市場の一般的なニーズを反映したデザインにあります。しかし、これは生産効率やコスト削減の結果であり、品質や機能性が劣っているわけではありません。

建売住宅 Q&A

なぜ建売が恥ずかしいと言われるのですか?

一般的に悪い印象や安い印象があるからです。しかし、実際はクオリティが変わらない場合が多いです。

建売住宅のデメリットはなんですか?

間取りやデザインの制限や、品質の疑問が挙げられます。

3. 建売住宅のデメリット

3-1. 間取りやデザインの制限

建売住宅とは建設、会社が決め計画した設計に定める、建築した住宅を購入者に販売する形式の住宅のことです。そのため、購入者の個別の要望やライフスタイルに合わせてカスタマイズすることは難しいです。

  • 建築コストの削減: 同じデザインの家を多く建築することで、建築コストを抑えられます。
  • 一括購入による材料コストの削減: 一定のにかかることで、建材を大量に一括で購入することが可能となり、コスト削減につながります。

これに関しては、日本の建築統計によれば、建売住宅の大部分は、特定の一般的なデザインに基づいていると報告されています

A市の某住宅展示場を訪ねると、5つの建売住宅メーカーがモデルハウスを展示しています。 しかし、この家を見るのは比較的と、似たような3LDKや4LDKの間取りが主流で、個別の特色これは、多くの家族構成に合わせやすい間取りが選ばれていることを示しています。

建売住宅は、一般的な家族構成や生活スタイルに合わせたデザインや間取りが中心となっています。 これにより、多くの人々にとって手に入れやすい価格を維持しつつ、安定した品質の住宅を提供するただし、自分だけのオリジナルな住宅を希望する場合、建売住宅の制限に制限される一方、注文住宅を検討することをおすすめします。

3-2. 品質や耐久性の疑問

建売住宅は一般的に、決められた設計や間取りに基づいて一括建築されるため、同じ設計で複数の家を建てることが一般的です。このため、品質や耐久性に関して、個別の注文住宅と比べて疑問が残ることがあります。

品質と耐久性に関する疑問の主な理由は以下の通りです:

  • 大量生産の弊害: 大量に同じ住宅を建てる際、手間やコストを削減するための工程短縮や材料の選択が行われることがあります。
  • 標準化された材料の使用: カスタマイズされた注文住宅とは異なり、建売住宅では標準的な材料が使用されることが多く、特定の部分における耐久性が低くなる可能性があります。

日本の建築関連の調査によれば、一部の建売住宅は、注文住宅と比べて初期の補修や修繕のニーズが高いことが指摘されています

B市に関して、同じエリアに建てられた建売住宅と注文住宅の両方をする所有Yさんは、建売住宅の方が5年も経たないうちに外壁の補修や水回りの修繕が必要になったお話一方、注文住宅では、同じ期間内に大きなトラブルは発生していません。

建売住宅には、コスト削減や効率的な追求する過程で、建築品質や耐久性に疑問があることがあります。 購入を検討する際は、建設会社全体性や過去の実績、住宅の品質保証などをしっかりと確認することが重要です。一方、より高品質や独自の要望を反映させた住宅を希望する場合は、注文住宅の選択を検討することを推奨します。

3-3. アフターメンテナンスの問題点

住宅を購入した後のアフターメンテナンスは、住む人の快適さや住宅の寿命にとって非常に重要です。ただし、建売住宅には、アフターメンテナンスに関するサポートやサービスが十分ない場合があります。

建売住宅のアフターメンテナンスに関する問題点は以下の理由から生じます:

  • 大量生産の性質: 多くの建売住宅は、多数を効率的に建設することを前提としているため、アフターフォローに関するリソースや体制が十分でない場合があります。
  • 住宅メーカーの対応のばらつき: 建売住宅メーカーや建設業者によって、アフターサービスの品質や対応が大きく異なる場合があります。

日本の住宅関連の調査によれば、建売住宅の購入者の中には、アフターサービスの対応に不満を感じている人が一定数存在しています(※具体的な数値や最新の情報は、公式な統計や情報ソースをご参照ください)。

A市で建売住宅を購入したTさんは、家のドアの不具合を発見し、建設会社に連絡を試みました。という経験をしています。このように、アフターサポートの体制や対応力が慎重な建設業者も存在するため、購入前に十分な調査が必要です。

建売住宅のアフターメンテナンスは、購入者の安心感や住宅の品質維持に取り組む重要な要素です。 購入を検討する際には、アフターサポートの体制や実績、口コミなどをしっかりと確認し、長期的ですな安心を得られる住宅選びを心がけることが重要です。

4. 建売住宅のメリット

4-1. コストパフォーマンスの高さ

建売住宅は、同じ土地の条件や同じ家の大きさで比較した場合、注文住宅に比べて一般的にコストが抑えられることが多いです。大量生産される量産型の住宅であるため、コスト削減が可能となっております。

  • 一括調達のメリット: 必要な部材や材料を大量に仕入れることで、当面の削減が図られます。
  • 効率的な建築:似たような設計の住宅を複数建てることで、建築業者の作業の効率が上がり、工期の短縮や人件費の削減が実現します。

一般的な調査によれば、建売住宅と住宅を比較した際のコスト差は10%~30%存在することが注文する調査が行われています。

S市で住宅を購入することを考えたAさんは、注文住宅と建売住宅の両方から見積もりを取りました。同じ土地の条件、家名で比較した結果、建売住宅の方が注文住宅に比べて約20%低い価格で提供されることができました。

建売住宅は量産の効果や効率的な建築手法により、注文住宅と比較して一般的にコストパフォーマンスが高いと言えます。 予算に合わせて良質な住宅を求める場合、建売住宅は非常に魅力的なもの選択肢となります。

4-2. 購入プロセスのシンプルさ

建売住宅の大きなメリットとして、購入プロセスがシンプルである点が挙げられます。 注文住宅では、設計から工事、完了までの各ステップでの意思決定が必要ですが、建売住宅はすでに完成した物件を選ぶだけのプロセスとなります。

  • 設計の手間が不要: 建売住宅は、以前に示されたプランを元に建築されていますので、購入者が設計に関与する必要はありません。
  • 短い納期: 建物がすでに建築されている、または建築中の物件を選ぶため、見るが少ないです。
  • 明確な価格設定:価格が先に設定されているため、追加費用や予期せぬコストが発生しにくいです。

注文住宅の場合、建築会社との打ち合わせや変更に伴う追加料金など、多くのステップと時間が必要です。 一方、建売住宅はこれらの手間や時間を大幅に削減できるため、多くの人に選ばれていますあります。

Bさんは新しい家を購入することを考えていました。 注文住宅と建売住宅の選択で小遣いをやっていたBさんは、時間の手間と手間を考慮して建売住宅を選びました。のモデルハウスを数件見学し、注目した物件を購入。わずか1か月後には新しい家に引っ越しました。

建売住宅の購入プロセスは、注文住宅と比較して非常にシンプルで時間短縮されるため、手軽に新しい住宅を手に入れたい方や、時間の考慮がある方に特におすすめです。

4-3. 入居までのスピード

建売住宅の大きなメリットの一つは、新しい住まいへの移行がスピーディーであることです。 注文住宅の場合、土地の選定から設計、建築という一連のプロセスを経る必要がありますが、建売住宅はすでに建築され、即時に購入・入居が可能となっております。

建売住宅は、ハウスメーカーやデベロッパーが事前に計画して建てた住宅です。これに対し、注文住宅は個別の要望に応じて建てられるため、プロセスが長くなります。ただし、建売住宅の場合、物件の見学・契約後、すぐに入居できるケースも多いです。

田中さんは転職のために新しい都市への移住を決意しました。やがて新しい住まいを確保したいと考えていました。注文住宅を検討しましたが、設計や建築の時間を考えると期間が合わないそこで建売住宅を選ぶことに。数週間の物件の探索と手続きを経て、すぐに新しい家に住むことができました。

建売住宅のメリットとして、注文住宅に比べて迅速に居住できるポイントが挙げられます。

4-4. 街の統一感と安心感

建売住宅のは、多くの場合、一定のエリアデザインや規模の基準が設けられており、住宅同士が調和されたデザインとなっております。きちんとしており、安心して生活できる環境を提供します。

建売住宅のは、多くの場合、エリアハウスメーカーやデベロッパーが一括して開発します。そのため、建築の基準やデザインのテーマが共通しています。これにより、外観の乱れが少なく、整った街並みがこのような環境は、住民同士のトラブルを軽減させる効果があり、安心して生活できるとの声が多く聞かれます。

村田さんは、以前、さまざまな家が進むデザインを地域に住んでいました。 でも、彼は新しい家を購入する際、建売住宅のエリアを選びました。 その理由は、統一されたデザインの家々エリアが広がるには、住民同士の争いやトラブルが少なく、安心して生活できると感じたからです。

建売住宅のは、統一されたデザインや基準エリアに基づいて開発されるため、街の統一感と安心感が得られます。住環境の調和や住民間のトラブルを避けたい方にとって、建売住宅は魅力的な選択肢となります。

5. 実際の後悔事例とその対策

5-1. 「見た目が安っぽい」と感じたケース

建売住宅を選択する際、多くの人は価格や立地、間焦点を当てがちです。見た目が安っぽく感じることがあるという声が挙がります。

建売住宅は、多くの場合、コストを重視するために一括調達や低価格の材料を使用しています。このため、一部の住宅では、見た目や質感が犠牲になることがあります。デザインの選択肢が制限されることも、安っぽさを感じる一因となります。

建売住宅を選ぶ際は、価格の間取りだけでなく、外観や内装の質感にも注目することが大切です。事前に物件の見学をしっかりと行い、使用されている材料や仕上げの品質をチェックするまた、予算が許すのであれば、内装外装のアップグレードオプションを検討する一つの方法です。

5-2. 「間取りに不満がある」という場合

建売住宅は、多くの場合、多くの家庭の平均的な生活スタイルを想定して設計されています。これにより、特定の家庭のライフスタイルやニーズに合わない間取りとなることがあるのです。

建売住宅の設計者は、多様な家庭に合わせるために一般的な間取りを考える傾向があります。 ただし、これが全ての家庭の要望やライフスタイルに合うわけではありません。スペース、収納のニーズなど、家庭によって異なる要望があるためです。

建売住宅を購入する際は、現在だけでなく将来のライフスタイルや家族構成の変化も考慮して間取りの確認が必要です。後悔を減らすことができます。 また、建売住宅を選ぶ際には、リフォームの容易さや柔軟性も考慮すべき点として良いでしょう。

5-3. 追加費用やアフターサービスについての懸念

建売住宅を購入する際、表示価格だけでなく、後から発生する追加の費用やアフターサービスに関するサポートが適切に行われるかどうか、誤解する方は多いです。住宅の維持費が予想以上に高くなる場合があるのです。

建売住宅は多くの場合、価格を重視するための経済的な材料や構造を採用しています。しかし、その結果として、長期的な耐久性や維持に関するコストが高いことがあるのです。 、建売住宅の提供者によっては、アフターサービスの品質や対応が丁寧な場合もあります。

田中さんは、新築の建売住宅を購入しました。 しかし、1年後に水回りのトラブルが発生しました。また、アフターサービスの対応にも不満を感じました。

建売住宅を購入する際には、初期費用だけでなく、長期的な維持費やアフターサービスの品質にもきちんと入れる必要があります。 具体的には、保証期間、アフターサービスの詳細、追加費用に関する明確な規定についてな情報を事前に入手し、しっかりと比較検討することが大切です。性的信頼の高いプロバイダーを選ぶことで、後悔を防ぐことができます。

欠陥住宅を避けるために!チェックポイント・住宅診断とは!?

※ 上記のチェックリストは基本的な確認項目です。購入時には専門家の意見や住宅診断を受けることを推奨します。

住宅診断とは:住宅診断(ホームインスペクション)は、住宅の劣化状況や不具合を専門家が調査し、アドバイスを行う業務です。

すずめ

住宅診断っていうものがあるのね!?

知らなかった!

つばめ

建売住宅を買う前に安心を買うことも一つの手なんだ!

建売住宅購入のチェックリスト

スクロールできます
カテゴリチェックポイント注意点・見るポイント
物件情報の確認販売価格(予算内か)地域相場との比較、交渉余地の有無
販売(分譲)棟数多数の棟数は競争が激しくなる可能性あり
土地・建物の面積価格とのバランス、家族のライフスタイルに適しているか
間取り(部屋数・配置)生活スタイルや将来の予測(子育て、高齢時)に合っているか
立地・環境(交通機関、施設距離)通勤、通学、日常生活の利便性
ハザードマップ(災害リスク)地震、洪水、土砂災害のリスク
用途地域(住宅地/商業地)今後の地域の開発予想や用途変更の可能性
完成・引渡し時期入居計画との整合性、契約後の待ち時間
現地見学時の確認実際の部屋の広さ家具や生活スペースの配置
生活動線、使い勝手キッチン、洗面、トイレなどの配置
駐車スペース車の大きさや数に応じて
室内の日照・風通し一日の時間帯での日照時間、窓の位置や数
プライバシーの確保隣家との距離や高さ、視線の問題
施工不具合質感や材料のチェック、壁の歪みや床の歪み
外構のチェックガーデニングや収納スペース
地盤の安定性過去の地盤沈下の履歴や周辺の状態
周辺環境騒音、治安、近隣住民との関係
室内の確認ドア・窓絶縁性、鍵のセキュリティ、窓の位置や数
クロス・床の状態傷や汚れ、質感や耐久性
水廻り(通水、隙間、収納)水圧、排水の良し悪し、防カビ対策
電気設備(動作、コンセント・照明位置)全室の照明の確認、コンセントの数や位置
床下の点検(断熱材、通気問題)通気口の位置や数、断熱材の状態
床と壁の境目、入隅の隙間や傷クラックや剥がれ、湿気の影響
建物の強度や安全性地震の強弱の見極め建物の構造や材料、耐震等級
間取りの形や正方形の確認耐震性能や空間の使いやすさ
施工材料や建材の確認耐用年数、環境への影響、メンテナンスのしやすさ
契約時の注意点「現況有姿」「現況優先」の記載確認契約書の内容と現状が異なる場合の対応、責任の所在
内装・外装の傷、汚れを指摘最終的な修復の納得度、修復後のメンテナンスコストの考慮
住宅診断の検討診断結果による交渉余地、将来のリスク回避

6. 建売住宅を選ぶ際の注意点

6-1. 優先順位を明確にする

建売住宅を選ぶ際、多くの選択肢があります。間取り、立地、デザイン、価格など、優先すべき要素は数多く存在します。そのため、何を最も重視するのか、自分自身の優先順位を明確にしておきますは、正しい住宅選びの鍵となります。

多くの人が住宅選びで失敗する大きな理由の一つは、自分が本当に求める要素が何かを明確にしていない点です。一般的に、住宅選びは妥協の連続です。は存在しないため、何を最も大切にしたいのかを決めておくことで、後悔の少ない選択が可能になります。

山田さんは、建売住宅を探していました。当初は価格を最も重視していましたが、様々な物件を見ているうちに、立地の良さや間取りの広さにも魅力を感じられるようになりましたしかし、結局、どれを最も優先すべきかが不明確で、満足する物件選びができませんでした。物件を選ぶことができました。

建売住宅選びでは、自分の優先順位を明確にすることが重要です。 それにより、効率的に物件を絞り込み、後悔の少ない住宅選びができます。を大切にしたいのかを事前に決定しておくことをおすすめします。

6-2. 複数の建売住宅や工務店を比較する

建売住宅の選択として非常に有効なのが、複数の物件や工務店を比較検討することです。これにより、各物件や工務店の利点・取り組みを捉え、最も自分の要望や生活スタイルに合致しました物件を選択する手助けとなります。

建売住宅や工務店はそれぞれの特色や強みを持っています。確実、同じ価格帯であっても提供されるサービスや間取り、設備の違いは明確です。 自分の予算内でどの程度の物件が手に入るのかという実感が得られます。

鈴木さんは、初めての家の購入を検討していました。最初に重点を置いた建売住宅があったため、その物件だけで決めようと思っていました。しかし、友人からのアドバイスで、近隣の複数の建売住宅や工務店を訪れて比較を行いました。 結果、同じ予算でもっと広い間取りや、より良い設備を持った物件を発見し、満足のいく選択ができました。

建売住宅の選択として、一つの物件や工務店に絞り込む前に、複数を比較検討することは非常に有効です。これにより、最も自分の希望に合った住宅を選択することが可能となります。選択は一生の大きな決断の一つ。慎重に、しかし幅広く検討することを慎重に考えましょう。

一括で相見積もりを取るならタウンライフがおすすめ!

ライバル他社との価格競争が生まれ、値引きを引き出すことに成功!

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

また、複数の間取りを家でゆっくり見ることで、考える時間が生まれます!

6-3. 予算と資金計画をしっかりと

家を購入する際、最も重要な要素の一つが「予算」と「資金計画」です。策定することが重要です。

家の購入は一生でも高価な出費の一つです。初期の購入費だけでなく、将来の生活費や維持費、固定資産税などのランニングコストも相当しなければなりません。統計によれば、家の購入後の予想外費が多いと感じる家庭も少ないです。

田中さんは、年収500万円で新築の建売住宅を購入を考えてみました。 初期の購入費用として2000万円のローンを組むでした。月々の返済額が想定以上になりました。その後、資金計画を見直し、より予算に合った物件を検討することになりました。

家を購入する際は、予算と資金計画をしっかりと立てることが必要です。将来的なランニングコストや返済計画なども考慮し、無理のない範囲での購入を慎重に、安心して新しい生活をスタートさせることができます。

7. まとめ

7-1. 建売住宅選びでの成功と後悔を分ける要因

  1. 予算と資金計画の明確化: あなたの経済状況に合わせて、適切な予算を設定し、長期的な資金計画を立てることです。
  2. 優先順位の設定:何を最も重視するのか、例、間取り、デザインなど、優先順位を明確にすることで、迷うことなく選択できます。
  3. 複数の比較: 1つの建売住宅や工務店だけでなく、複数の物件や工務店を比較することで、正しい選択ができます。
  4. アフターサービスの確認: 購入後のサポートや保証を提供しているかどうかも大切な選択基準となります。
  5. 実際の見学:画像やカタログだけでなく、実際に物件を訪れて、雰囲気や設備を確認することです。

建売住宅の選択は、一生の住まいとしての幸福を大きく左右します。先を見越して計画的に選択すること、そして何を最も大切にしたいのかの基準を持つことが、後悔せずに満足できる住まいを手に入れるための鍵となります。しっかりと情報収集を行い、自分のライフスタイルや将来のプランに合った家を選ぶことで、長く安心して住み続けられる家となります。

7-2.建売住宅があっている人

建売住宅は、既に設計され建築されている住宅のことを向き、一般的には即座に居住可能な状態で販売されます。そのため、建売住宅は特定のニーズやライフスタイルを持つ人々に特に適しある場合があります。では、具体的にどのような人たちに建売住宅が合っているのでお願いします。

スクロールできます
建売があっている人説明
人の目を気にしない人建売住宅は外観が似通っていたりと建売住宅だとわかることがあります。建売住宅が恥ずかしいと思っている方には後悔が残るかもしてれません。
購入を急ぐ人建売住宅は即入居が可能なため、急な転勤や家族の増加など、すぐに住宅が必要な場合に適しています。
デザインや設計にこだわりがない人慎重な設計・建築が終わっているので、特別な要望カスタマイズやを求めない方に対応しています。
はじめての住宅購入者建売住宅は選ぶプロセスがシンプルで、初めての住宅購入でも迷わず選択ができます。
手間をかけたくない人建売住宅は新築のため、すぐにメンテナンスの必要がなく、また自分で設計や工事の手間が省けます。
予算を明確にしたい人価格がはっきりしているため、予算内での住宅選びがしやすいです。注文住宅では予算がオーバーしやすいです。

7-3.建売より注文住宅があっている人

注文住宅とは、購入者の要望に合わせて設計から建築まで一貫して行って住宅のことを言います。これに対し、建売住宅は事前に設計・建築が行われ、完成後に販売されるそのため、注文住宅は購入者の細かい要望やライフスタイルに合わせてカスタマイズが可能です。では、どのような人が注文住宅を選ぶべきなのでお勧めします。

スクロールできます
注文住宅があっている人説明
人の目を気にする人建売住宅は外観が似通っていたりと建売住宅だとわかることがあります。建売住宅が恥ずかしいと思っている方は注文住宅にすべきです。
こだわりが強い人の理想とする住宅デザインや間取りに特定のこだわりがある方に適しています。
特別な要望がある人バリアフリー設計やペットとの共生、ホームシアター趣味や部屋など、特別な要望を持っている方に適しています。
資金的に余裕がある人注文住宅は建売住宅に比べて高価になることが多いため、予算に余裕がある方におすすめです。
時間に余裕がある人設計から完了までに時間がかかるため、滞在までに時間的な余裕がある方を向いています。

7-4. 自分に合った住宅選びをするためのポイント 相見積もりの重要性

無料の一括カタログ請求サービス、例えば「タウンライフ」のようなサービスを活用することで、メーカー選び、土地選びのプロセスが大幅に効率化されます。時間と労力の節約、プロの助言の入手、コスト削減など、多くのメリットがあります。無料サービスは資金面の負担を抑えつつ、適切な土地選びやメーカー選びをサポートします。一人で進めるよりも安心して土地選びも進めることができるでしょう。また、比較することで値段を下げることにも成功できるはず!

複数社の間取り・見積もりを一括ネットオーダーすると

  1. 安くて魅力的な住宅メーカーをいくつも見つけることができる!
  2. 他社の見積もりを使って大幅な値引きを引き出すことができる!
  3. 各社の間取りのいいとこどりをして住みやすい間取りができる!

一括ネットオーダーでかんたんに相見積もりを取ることができたことで、

ライバル他社との価格競争が生まれ、大幅な値引きを引き出すことに成功!

注文住宅は定価がないため、見積もりが高いのか・安いのかが分かりづらいんです。

だから相見積もりを取って、安く建てられる住宅メーカーを探すことは必須だと言えます。

タウンライフ 大手提携企業
つばめ

あなたの建てたいメーカーもきっとあります!

すべてタウンライフ提携メーカー!間取り・見積もりをネットオーダーできますよ。

気になるハウスメーカー・工務店を選び、「希望する間取り」「総予算」などを伝えるだけで…あなただけのために「要望を採り入れたオリジナル間取りプラン」と「そのプランの見積もり」を無料で作成してくれます。メールまたは郵送でお手元に届きます。

すずめ

憧れのあのメーカーもあるんだね!

無料見積もり頼んでみよう!

▼オーダーはカンタン2STEPで完了!

  1. 希望の間取り・こだわり・予算などの入力
  2. 希望のハウスメーカー・工務店を選択

たったこれだけ!

かんたん・3分・ネット完結。

0円で間取り・見積もり作成をネットオーダーできるのは、タウンライフ家づくりだけです。

すずめ

こんなご時世だから、「ネット完結」って安心だよね。

見積もりを作成してもらえる唯一のサービスだからこそ、1番安いハウスメーカー・工務店が分かるんです!

実際に間取りとプランをもらえた要望を紹介

実際の要望

〜お願い〜

普段は仕事で忙しいので、やりとりは全てメールでお願いしたい。

間取りと見積もりを検討させて頂いた上で時間を合わせて対面での打ち合わせを希望します。

土地は検討中の段階で、不動産屋さんにもまだ連絡を入れておりません。間取り・見積もりをみて自分の希望が叶いそうであれば、不動産屋さんにも同時に連絡をとっていければと考えています。ないとは思いますが、不動産屋さんに個人情報を出すことはやめてください。

土地の情報はネットで検索しただけなので、細かい図面とかはありません。

実家の近くで土地を探し出したところ希望の金額に近かったのでこの土地で希望の建物ができるかを知りたいです。

古家があるそうなので、大体で構わないので解体費用も見積もりに載せてもらえると助かります。

資産計画

1、実家の近くで住宅を計画しています。

2、予算は4000万円ほどに抑えたいです。

3、頭金は100万円が希望それ以降は応相談。(貯金は300万以上500万円以下)

4、年収は600万程度 徐々に昇給はしているので、これからも昇給は多少見込める

つばめ

資金計画を細かく書くことで、
向こうの見積もりも予算に合わせて出してくれます。
また、本気度も伝わります。

資金計画がわからない方はこちらの記事で月々いくらまでなら払えるかを検討してみてください。

間取りの要望

・3LDKを希望します。(平屋も検討していますが、今のところ2階建で良いかと思っています。)

・駐車場は1台。取れたら客様に2台(つめれば止められる程度で良いです。)

・庭は手入れが大変なので入りません。緑もなくて大丈夫です。

・お風呂は広いお風呂がいいです。

・洗面所もできたら広い方がいいです。

・3部屋は、寝室と仕事部屋と子供部屋で活用予定

・服が多いのでウォークインクローゼットが欲しいです。

・リビングはできたら吹き抜けで開放感があると嬉しいです。

・仕事部屋にプラスで夜はシアタールームで使えると嬉しいです。

・玄関先は雨に濡れないような感じがいいです。

・できるだけメンテナンスがしなくて良い家が良いです。

・窓は多めに欲しいです。

こんなところでしょうか?まとまらなくてすみません。

つばめ

あればあるだけ多く要望を書きましょう。
自分の理想に近い間取りと見積もりになり
イメージがしやすくなります。

〇〇月〇〇日(金)までに簡易的で構わないので間取りと見積もりをメールでいただくことは可能でしょうか?

返答・質問含めてメールにてお返事いただけるとありがたいです。(電話は基本出れない可能性が高いのでメールでお願いします)

つばめ

最後に締め切りを合わせてお願いしましょう。
1社だけ来ないで待っているのは時間がもったいないです。
締め切りを守らない業者とは、根本的に契約しない方が良いと思います。

帰ってきた間取りや見積もりを紹介

実例①実際に間取りを作成してくれた会社

実際に送っていただいたメールに添付してあった図面と見積もり。

実際に、間取りをかいてくれました。自分の要望を捉えてくれていました。この後、2度ほどやり取りをして理想の間取りに近づけることができました。解体費用も見積もりに入っていて良心的だと感じました。

実例②すぐに類似間取りと見積もりを送ってくれる会社も

実際に送っていただいたメールに添付してあった図面と見積もり。

間取り、見積もり一括依頼後数時間で、届きました。また、カタログ到着後、仕様や間取りの変更点を伝えることでさらに理想に近い間取りになりました。

確実に値引きを引き出す方法は!(値引き交渉方法は?)

①相見積もりをとる。(タウンライフがおすすめですが、他のサービスでも良い)

相見積もりを取ることで、相場や価格帯がよくわかり、本命メーカーの値引きを引き出しやすくなる。

②プランを検討して、契約直前まで打ち合わせを進める。

他社のプランが良かった際は、契約したいことを伝えつつ、他社プランで本命メーカーにも見積もりを出してもらう。

③契約前に一度だけ、値引き交渉を行う!

他社の見積もりを見せて他社の見積もりと競わせて値引きを引き出す。
本命が一番安い場合は厳しいかもしれません。
同価格帯、できれば100万ほど安い見積もりと競わせることが大事。
契約前に最後

すずめ

できれば(本命メーカー)さんと契約したいのですが、
B社さんの方が安いので、値段をB社さんに合わせてくれれば
契約に踏み切れるのですが…

つばめ

このように交渉して下さい。
100万円満額値引きされることもあり得ます!

タウンライフさんでのカタログ請求はこちらから

関連記事はこちら

比較検討して相見積もりを取るならこの記事をチェック!

誰でも安くできる!安くすることだけに特化した記事はこちら

タマホームのキャペーんはこちら!圧倒的値引きのとは!?

ミサワホームの1000万円値引きとは!?本当!?

みんな知らない!?モニターハウスがお得な理由とは!?

アキュラホームはやばい!?ローコストの中でおすすめの理由とは!?

一条工務店のハグミーとは!?ローコスト高性能企画住宅とは?

#家 #家づくり #マイホーム #住宅 #注文住宅  #玄関 #窓  #廊下 #階段 #リビング #ダイニング #キッチン #LDK #DK #和室 #メーカー #メーカー選び #工務店 #工務店選び #寝室 #子供部屋 #バルコニー #エアコン #電気図 #間取り #見積もり #一括請求 #タウンライフ #無料請求 #カタログ #クローゼット #ウォークインクローゼット #シューズインクローゼット #WIC #トイレ #タンクレス #SIC #吹き抜け #理想の間取り #土地 #土地探し #土地選び #平面図 #立面図 #外観 #外観パース #一条工務店 #住友林業 #スウェーデンハウス #大和ハウス #床 #床暖房 #全館

【PR】LIFULL HOME’S

【PR】タウンライフ

【PR】HOME4U「家づくりのとびら」

 

住宅メーカー選びがまだの方へ 探し方適性診断

家づくりにおいて
家づくりにおいて、直感より情報収集が大事だ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次